« 2020年7月3日(金)付け小説朝日新聞社説『ロシア大統領 専横を極める改憲だ』を読んでの感想。 | トップページ | 2020年7月4日(土)付け小説朝日新聞社説『コロナ再拡大 戦略不在が広げる不安』を読んでの感想/「説明が不十分」、「丁寧な説明が必要」とは不信感を抱かせるための常套句か »

2020年7月 3日 (金)

2020年7月3日(金)付け小説朝日新聞社説『コロナと経済 回復への道筋描くには』を読んでの感想。

 2020年7月3日(金)付け小説朝日新聞社説『コロナと経済 回復への道筋描くには』を読んでの感想。

以下感想。
>防疫と経済のバランスを工夫しつつ、双方の水準を高めることが必要だ。

 どちらが悪化しても批判可能なポジションを確保。
 バランスとは、朝日社説傀儡一味のようなご都合主義者に取って実に便利な言葉なのであろう。


>国内での感染拡大はいったん落ち着いていたが、東京などでは増加に転じており、油断できない状況が続く。

 検査体制などにある程度余裕が出たでの夜の街を中心に掘り起こしをしたのも理由の一つらしい。
 6/18付けNHK『「夜の街」感染予防対策 飲⾷店などと⾏政が連携 東京 新宿』より、『東京 新宿の繁華街では今⽉に⼊ってからも、ホストクラブなどで新型コロナウイルスへの感染が相次いでいますが、区によりますと、夜の街に関連する⼈のPCR検査への協⼒が得られるようになり、検査に応じる⼈が増えていることも影響しているということです。』
 
 7/1付けNHK『東京 ⼩学校教諭3⼈が感染 濃厚接触の児童の検査進める コロナ』より、『東京 江東区と練⾺区の区⽴⼩学校に勤務する教諭、合わせて3⼈が新型コロナウイルスに感染していることが確認されました。』。
 この先生たちは、感染経路特定の為にも詳細な行動を自白したのだろうか?子供たちの為にも丁寧な情報提供をして欲しい。
 

>再び営業自粛を迫られ、需要減に襲われれば、すでに弱っている企業が持ちこたえられなくなる懸念は大きい。

 日本全体の企業数は約410万社。赤字企業は概ね2/3。
 その割には、倒産件数は少ない。

 6/30付けNHK『新型コロナ関連倒産 全国で300社に 飲⾷店が最多』より、『⽉別に⾒ると、4⽉が98社、先⽉が92社だったのに対して、今⽉は89社とほぼ同じ⽔準で中⼩企業を中⼼に依然として厳しい経営環境が続いています。』

>その際に経済を支えるための政策も、準備しておくべきだ。

 その為の一つが10兆円の予備費であったが、自由度の高さを問題視した朝日社説や野合系特定野党など。


>これまでの経験を詳しく吟味し、経済への負荷が小さく防疫効果の大きい手法がないか、見極めを急ぐべきだ。

 ウイルスが変位する以上、見極めた結果が第二波にも有効とは限らない。
 それでも、単位人口当たりの死体の数で比べれば、日本式は悪くない。
 成功例として、同じ島国であり、首都の人口密度も比較的高い台湾式も参考になろう。 

 人口密度、
 ニューヨーク州の人口密度158人/km2、ニューヨーク市1,086人/km2、
 台湾の人口密度651人/km2、台北市9,831人/km2、
 ドイツの人口密度237人/km2、ベルリン4,087人/km2、
 スウェーデンの人口密度22人/km2、ストックホルム4,164人/km2、
 東京の人口密度は6,359人/km2、23区の人口密度1.5万人/km2、
(日本の人口密度は335人/km2、)

 7/2付⽇本経済新聞 朝刊『政治と科学の間合い難しく コロナ対策で関係焦点に ⽶機関、⼤統領に対応苦慮』より、スウェーデン、『政府は都市封鎖を避け通常の⽣活を続けると判断した。国⺠の多くが感染して免疫を獲得すれば感染拡⼤が⽌まるという「集団免疫」に基づく。これも科学から⽣まれた政策だ。感染者の死亡率が低いなら良かったがスウェーデンでは死者が急増した。』

 死体の数は重要であるが、何故か日本のメディアは、日本の死体の数が少ないからかこの点を避けているように思える。


>~そのためには人、モノ、カネの投入を惜しんではならない。

 人にもよる。
 モノ、扱える人がいなければ意味なし。
 カネ、蓄財に消えては意味がない。

 カネと言えば、既存の助成制度の紹介もなく、我利我利亡者のようにカネー、カネーの主張を展開していた朝日社説を思い出す。

>デジタル化の進展など新しい需要を取り込み~

 テレワークなど新常態での仕事が自然拡大。
 意味もなく声が大きいだけの輩は、自然淘汰の流れ。


●注
 妄想癖のある個人の感想であり、断定的に取れる表現含め、誤読、誤解、誤認、その他も含まれる可能性もある上での感想。これも芸術だ。

|

« 2020年7月3日(金)付け小説朝日新聞社説『ロシア大統領 専横を極める改憲だ』を読んでの感想。 | トップページ | 2020年7月4日(土)付け小説朝日新聞社説『コロナ再拡大 戦略不在が広げる不安』を読んでの感想/「説明が不十分」、「丁寧な説明が必要」とは不信感を抱かせるための常套句か »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2020年7月3日(金)付け小説朝日新聞社説『ロシア大統領 専横を極める改憲だ』を読んでの感想。 | トップページ | 2020年7月4日(土)付け小説朝日新聞社説『コロナ再拡大 戦略不在が広げる不安』を読んでの感想/「説明が不十分」、「丁寧な説明が必要」とは不信感を抱かせるための常套句か »