« 2020年8月3日(月)付け小説朝日新聞社説『財政再建目標 現実を直視すべきだ』を読んでの感想。 | トップページ | 2020年8月4日(火)付け小説朝日新聞社説『香港の選挙 崩れていく自由の基盤』を読んでの感想/朝日の本気度が疑われる »

2020年8月 4日 (火)

2020年8月4日(火)付け小説朝日新聞社説『NHK経営委 なぜ議事録を隠すのか』を読んでの感想/辞めろ主張するなら、朝日も日々相応の対応をするべき

 2020年8月4日(火)付け小説朝日新聞社説『NHK経営委 なぜ議事録を隠すのか』を読んでの感想。

 

以下感想。
>そんな疑念が持ち上がった。

 

 言葉のやり取り上の問題を、疑念へ持ち上げられたような気がしてならない。

 

>経営委が議事録の公開を拒んだのに対し、

 

 3/24付けNHK『郵政3社からの申し入れに関する経営委員会での対応の経緯について』https://www.nhk.or.jp/keiei-iinkai/new/keiei200324.html 『放送法第41条では、「委員長は、経営委員会の終了後、遅滞なく、経営委員会の定めるところにより、その議事録を作成し、これを公表しなければならない。」と規定されています。』
 但し、当時は、非公表を前提として意見交換を行った記載がある。
 この放送法第41条の議事録作成と公表の規定、更には非公表が前提であった点が見えない朝日社説。
  
>これを受ける形で先月31日付でホームページに「追記」が掲載されたが、それは議事録とはかけ離れた代物だった。

 

 郵政3社からの申し入れに対する議事録は次の3つ。 
2018/10/9、https://www.nhk.or.jp/keiei-iinkai/giji/g1315.html
2018/10/23、https://www.nhk.or.jp/keiei-iinkai/giji/g1316.html
2018/11/13、https://www.nhk.or.jp/keiei-iinkai/giji/g1317.html 
 何れも追記がある。
  
 第1361回の追記が一番量的に多い。「誰が何を発言したか」が分かる議事録で、追記分は誰の発言だか分からない。しかし、当時は、非公表を前提として意見交換を行ったので、発言者名を伏せるのは当然の措置とも言える。

 

>朝日新聞の取材で~
 
 しかし、その発言者は不明の朝日社説。

 

>こんなことでは無用の政治介入も招きかねない。

 

 突然に『政治介入』に飛ぶ朝日ロジック。
 疑念を持たせたいってところであろう。

 

>その認識と自覚を持てない委員は早々に職を辞すべきだ。

 

 出た。辞めろ主張。
 辞めろ主張を行うなら、朝日新聞自身もそのような対応を日々行うべきであろう。接待賭け麻雀、爽快ツイート投稿した人たちはどうなっているのか。

 

PS

 さぞ立派な議事録が存在するであろう朝日新聞。模範として一部を開示して欲しい。

 
●注
 妄想癖のある個人の感想であり、断定的に取れる表現含め、誤読、誤解、誤認、その他も含まれる可能性もある上での感想。これも芸術だ。

 

|

« 2020年8月3日(月)付け小説朝日新聞社説『財政再建目標 現実を直視すべきだ』を読んでの感想。 | トップページ | 2020年8月4日(火)付け小説朝日新聞社説『香港の選挙 崩れていく自由の基盤』を読んでの感想/朝日の本気度が疑われる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2020年8月3日(月)付け小説朝日新聞社説『財政再建目標 現実を直視すべきだ』を読んでの感想。 | トップページ | 2020年8月4日(火)付け小説朝日新聞社説『香港の選挙 崩れていく自由の基盤』を読んでの感想/朝日の本気度が疑われる »