« 2020年8月7日(金)付け小説朝日新聞社説『自民安保提言 地域の安定に資するか』を読んでの感想/お気楽朝日社説 | トップページ | 2020年8月8日(土)付け小説朝日新聞社説『うがい薬騒動 根拠を明示して政策を』を読んでの感想。 »

2020年8月 7日 (金)

2020年8月7日(金)付け小説朝日新聞社説『コロナ分科会 役割分担 政府は明確に』を読んでの感想。

2020年8月7日(金)付け小説朝日新聞社説『コロナ分科会 役割分担 政府は明確に』を読んでの感想。

 

以下感想。
>政府のコロナ対策の混迷が続く。

 

 そう思わせたいってことであろう。

 

 主義主張・感想・願望が混じった報道などを読む、聞くより、
官邸『新型コロナウイルス感染症に備えて ~一人ひとりができる対策を知っておこう~』
https://www.kantei.go.jp/jp/headline/kansensho/coronavirus.html
がよい。

 

 

>人々の不信を広げているのは、いかなる根拠に基づき、どんな議論を経て、その政策をとったのかの説明が十分でないことだ。

 

 朝日社説の批判と言えば、『説明不足』『議論が足りない』『拙速すぎる』『納得できない』『不安がある』『信用がー』に該当する例が多い。
 今日のもう一つのは社説も例外ではなかった。

 

 混乱の火元に思える朝日グループ、テレ朝、
 7/31付け時事通『ハンセン病元患者ら、テレ朝に要望書 コロナ報道「差別助⻑」』 https://www.jiji.com/jc/article?k=2020073101251
 8/6付けライブドア『玉川徹氏 PCR検査めぐる見解について番組内で4分にわたり謝罪』https://news.livedoor.com/article/detail/18691759/

 

>感染症や経済の専門家らでつくる政府の分科会の尾身茂会長は先月末、国会で「開始の判断に時間をかけるよう政府に提言したが、採用されなかった」と明らかにした。

 

 7/16付け産経『尾⾝⽒「感染拡⼤なら『Go To』やる時期ではない」』より、『「感染が拡⼤しているということが判断されれば、今の段階で全国的な『GoTo』をやる時期ではない」と述べた。』。
 これは、7/16の参院予算委員会で、分科会としての発言。
 分科会として、『感染が拡⼤』を判断材料にしたいとしているが、この点を見せない朝日社説。

 

>しかし政府が発表した資料は、東京発着の旅行を除いて実施することを分科会の側から提言したと読める記載になっている。

 

 どの部分でそう判断しているのか?不明である。また、朝日社説の文面では、分科会の資料とは別に政府資料があるようにも取れるが、存在するのか?

 

 新型コロナウイルス感染症対策分科会
 https://www.cas.go.jp/jp/seisaku/ful/yusikisyakaigi.html#3
 分科会提言、
 https://www.cas.go.jp/jp/seisaku/ful/goto_travel_teigen.pdf

 

>お墨付きを与える場ではないし、ましてや政策を決める機関でもない。

 

 分科会が、そのような場であるように取れる報道があるようだが。

 

>自らの提言を踏まえ、政府との位置づけを改めて整理し直すべきだ。

 

 新型コロナウイルス感染症対策分科会(第1回)https://www.cas.go.jp/jp/seisaku/ful/corona1.pdfの『新型インフルエンザ等対策有識者会議の開催について』に記載がある。

 

>いかにも遅く、透明性を欠く。

 

 いち早く揚げ足取りに利用したいってことか。 

 

>~社会全体で議論を深めたり~
 
 混乱に導きたいってことか。

 

>専門知に学び、尊重しつつ、政治が決断し、逃げない。

 

 『専門知』とは、朝日のご都合で決まる。
 4/27付け朝日『P C R検査多い国はコロナ死亡率減 千葉大がデータ分析』より、『十分なPCR検査をしている国ほど新型コロナウイルスによる死亡率は低くなる――。千葉大大学院の研究グループは、こんな解析結果を発表した。』と報道。
 
 千葉大のニュース『十分な PCR 検査の実施国では新型コロナの死亡率が低い』
http://www.chiba-u.ac.jp/general/publicity/press/files/2020/20200421covid19_PCR.pdf

 

 この論文、当時、ネット上では査読前の論文をこのように扱ってよいのか?(https://twitter.com/YoichiTakahashi/status/1255005602499006466など)と指摘もあった。当の朝日の記事からは、「査読前」の記載すらない。
 
 この件、次の見解も出ている。
 早稲田の新型コロナウイルスファクトチェック『千葉大研究発表文「十分なPCR検査の実施国では新型コロナの死亡率が低い」は根拠不明』https://wasegg.com/archives/2418 『本文では「死亡率」(人口で補正した死亡者数のこと)と「陽性率」の相関関係は肯定しているが、「死亡率」と「検査数」の間の相関はみられなかったとしており、タイトルと本文で事実関係がねじれている。』(見出しと内容の不一致の指摘)。
 
 『専門知に学び』で、査読前の論文を尊重するようでは問題だ。

 一部メディアに騙されない為には、公立陶生病院感染症内科の方が記した
 https://drive.google.com/file/d/1CsfxGeFDTwQtjIqaQdMWEFvzXGcnN9Nm/view が参考になる。『風邪の15%前後はもともとコロナウイルス由来とされる。→そもそも人類のほぼ全ては感染している。何度も感染する。』とコロナウイルの基本から書いてある。

※午後追記

 8/6付け日テレ24『安倍⾸相、会⾒最後に朝⽇新聞記者と応酬』https://www.news24.jp/articles/2020/08/06/04695380.html 朝日記者は何様のつもりなのか?

  この件、産経『朝⽇新聞、⾸相会⾒の質問制⽌抗議「職員が腕つかんだ」 官邸は否定』https://www.sankei.com/politics/news/200806/plt2008060033-n1.html 

 朝日記事『官邸職員、朝日新聞記者の腕つかむ 首相会見の質問制止』では、『この際、官邸報道室の職員が
短時間、記者の右腕をつかんだ。』と記しているが、その前は、座ったまま挙手して首相は質問に答えたと記載がある。つまり、座っている記者の腕を職員が掴んだように取れる記事になっている。

●注
 妄想癖のある個人の感想であり、断定的に取れる表現含め、誤読、誤解、誤認、その他も含まれる可能性もある上での感想。これも芸術だ。

 

|

« 2020年8月7日(金)付け小説朝日新聞社説『自民安保提言 地域の安定に資するか』を読んでの感想/お気楽朝日社説 | トップページ | 2020年8月8日(土)付け小説朝日新聞社説『うがい薬騒動 根拠を明示して政策を』を読んでの感想。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2020年8月7日(金)付け小説朝日新聞社説『自民安保提言 地域の安定に資するか』を読んでの感想/お気楽朝日社説 | トップページ | 2020年8月8日(土)付け小説朝日新聞社説『うがい薬騒動 根拠を明示して政策を』を読んでの感想。 »