« 2020年8月11日(火)付け小説朝日新聞社説『被災住宅 「半壊」への支援確実に』を読んでの感想 | トップページ | 2020年8月12日(水)付け小説朝日新聞社説『臨時国会召集 先送りは責任放棄だ』を読んでの感想/閉会中審査で与野党合意は隠すのか »

2020年8月11日 (火)

2020年8月6日付けヤフー(AERA)『産経新聞32回、NHK22回に朝⽇新聞は3回…官邸が進める露⾻な「メディア選別」の弊害』を読んでの感想/比較が出来ていない

 2020年8月6日付けヤフー(AERA)『産経新聞32回、NHK22回に朝⽇新聞は3回…官邸が進める露⾻な「メディア選別」の弊害』を読んでの感想。

以下感想。
 どうやら比較の基本を理解していないようだ。
 この記事では、第2次安倍政権が発⾜してから、20年5⽉17⽇までに⾏われた⾸相単独インタビューの回数を比較している。
 しかし、最低限の情報の記載がない。
 疑問は、3つ。

その1、産経、NHK、朝日はそれぞれ何回単独インタビューを求めたのか?
 例えば、産経、NHKが100回求めて、それぞれが32回、22回。朝日が5回求めて3回となったのか?求めた回数が不明では意味がない比較なのだ。

その2、どのような条件で求めたのか?
 仮に各社同じ回数単独インタビューを求めたとする。それでも、どのような条件か?が重要である。
 例えば、産経、NHKは「首相の都合に合わせて、どんな時間帯でも、何処へでも伺います」。朝日、「今からインタビューしてやるから直ちに築地へ来い。」では、明らかに前者の方が実現性が高い。

その3、事前に単独インタビューしたい具体的な内容を提示しているか?
 単独インタビューで、実際にこのようなことをするのか?不明である。しかし、事前に何も伝えない、あるいは「コロナの件」とだけ単語レベルでは誰もが構えるであろう。一方、実例を示しその疑問点を示せば答える側も答えやすい。

 せめて、その1くらいは、他社に取材して明確にしないと話にならない。

 主張に沿わない都合の悪い情報を隠そうとする。⺠主主義社会において許されないことだが、メディアの悲しい性でもある。プロパガンダを強める一部メディアに対して、国民がどのように対抗するのか。日々監視し、国民の思想の枠を超えた日々の指摘が必要である。

●注
 妄想癖のある個人の感想であり、断定的に取れる表現含め、誤読、誤解、誤認、その他も含まれる可能性もある上での感想。これも芸術だ。

|

« 2020年8月11日(火)付け小説朝日新聞社説『被災住宅 「半壊」への支援確実に』を読んでの感想 | トップページ | 2020年8月12日(水)付け小説朝日新聞社説『臨時国会召集 先送りは責任放棄だ』を読んでの感想/閉会中審査で与野党合意は隠すのか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2020年8月11日(火)付け小説朝日新聞社説『被災住宅 「半壊」への支援確実に』を読んでの感想 | トップページ | 2020年8月12日(水)付け小説朝日新聞社説『臨時国会召集 先送りは責任放棄だ』を読んでの感想/閉会中審査で与野党合意は隠すのか »