« 2020年9月20日 (日) | トップページ | 2020年9月22日 (火) »

2020年9月21日 (月)の2件の投稿

2020年9月21日 (月)

2020年9月21日(月)付け小説朝日新聞社説『遺言の活用 思いを確実に残すため』を読んでの感想/サインは日本人NG、外国人はOK、行革案件

 2020年9月21日(月)付け小説朝日新聞社説『遺言の活用 思いを確実に残すため』を読んでの感想。

以下感想
 先ずは、自由意志で何時でも「死」を選べる選択肢が必要であろう。

>自分にもしものことがあった時、財産をめぐって争いが起きるような事態は避けたい。
 相続ではなく、争族と表現する場合もある。
 2020/6/27付⽇本経済新聞 朝刊『遺産相続、少額ほどもめる 紛争の3割強が1000万円以下』より、『19年に遺産分割調停が成⽴した7284件のうち、⾦額5000万円以下が76.6%と4分の3あまりを占める。1000万円以下でも34%と3分の1を超える。これに対して5000万円超は20%に満たない。』
 税制は、基礎控除(⾮課税枠)は現在「3000万円+600万円×法定相続⼈の数」。

>民法は「自筆証書遺言」も認めている。手軽さが利点だが、必要な事項が書かれていないなどの理由で無効とされる恐れがあるほか、なくなったり改ざんされたりする可能性もある。
 財産⽬録を除いて、作成者が全⽂を⼿書きが必須。7/10から始まった「⾃筆証書遺⾔の保管制度」は、法務局の職員が書式が整っているかの確認はしてくれるようだ(2020/8/22付⽇本経済新聞 朝刊『⾃筆遺⾔の保管制度 利⽤の事実 相続⼈らに報告を』を参考)。
 遺言には日付、押印が必要だが、過去には押印に花押は無効の判例もある(2016/6/4付日本経済新聞 朝刊『遺言書に「花押」は無効 最高裁、押印代わりと認めず』)。サインである花押がダメの不思議。全⽂を⼿書きを求め、何故か誰が押したか分からない押印が有効。
 しかも、外国人の場合は、「外国人ノ署名捺印及無資力証明ニ関スル法律」で押印なしサインでOK(愛知県弁護士会https://www.aiben.jp/page/library/kaihou/2307_03gaikoku.html)の二重基準。この法律が作られたのは、明治時代で笑える。
 行革案件だ。

 書き方の基本はミズホの『自筆証書遺言作成上の留意点』 https://www.mizuho-ri.co.jp/publication/sl_info/view_point/pdf/sodan200302.pdf が分かりやすい。


>~あらかじめ本人が指定した人物に対し、遺言書の保管を通知する制度を、来年度中に導入することを考えている。
 特に遺言のない場合は、口座登録があれば、死亡届の段階で財産分与(不動産含め)、相続税含め全ての手続きが自動終了が望ましい。ワンストップだ。これも行革案件。

>~残された財産は1千万円以下というケースが3割以上を占める。
 後出しで書いたか。ケチ臭い争いだ。

>~サポートする動きも広がっている。
 サポートと言う名の金儲け、情報収集活動もある。「背乗り」の資料にならないことを願う。

●注
 妄想癖のある個人の感想であり、断定的に取れる表現含め、誤読、誤解、誤認、その他も含まれる可能性もある上での感想。これも芸術だ。

| | コメント (0)

2020年9月21日(月)付け小説朝日新聞社説『核のごみ処分 議論深める環境作りを』を読んでの感想。

 2020年9月21日(月)付け小説朝日新聞社説『核のごみ処分 議論深める環境作りを』を読んでの感想。

以下感想
 議論を深める≒議論の無限ループと見るべきであろう。議論が目的であって結論を出さないか?、反対の為の情報だけを積み上げて世論誘導を楽しむ。

>文献調査が実施されれば法律に基づき、2年間で最大20億円の交付金が地元に出る。
 これだけで終了の手もある。

>すでに鈴木直道北海道知事は反対する考えを明言した。
 知事は条例違反を同時に指摘しているが、その点の記載なしの朝日社説。9/4付けNHK」『「核のごみ」最終処分場 北海道鈴⽊知事 梶⼭経産相に懸念』より、『『⽂献調査』は、『⾼レベル放射性廃棄物は受け⼊れがたい』とする道の条例の制定の趣旨に反するものだ」として、条例を順守し慎重に検討すべきだという認識を伝えました。』

>電力の恩恵を受けてきた都市の住民を含め、国民的な合意づくりが望まれる。
 デマシタ。必要以上に範囲を広げ、反対意見だけを積み上げ、恰もそれが総意であるかのように思わせる流れを作りたいのだろう。

>まずは地元が幅広い視点からじっくり議論のできる場を整えることが大切である。
 『幅広い視点』とは、地元に住む人以外の外野を多数入れて議論しろってこと。

>それを明確に示せなければ、地元の理解を得るのは難しいだろう。
 先ずは、何を受け入れ、何を行け入れないのか?地元に住む人が決めるべきこと。

>~鈴木知事は「ほおを札束ではたくようなやりかた」と疑問を呈する。
 交付金を貰って終わりとするなら、『札束ではたく』ではない。

>将来にわたって町づくりに責任を持ち、地域全体の振興につながる計画にしていくことが欠かせない。
 安全なレベルまで数万年の維持管理を必須とするならば、数万年続く産業である。これ以上の地域振興はそうそうない。観光なら感染症や国際関係の悪化で影響がある。美術館や博物館など箱物は維持の為に赤字の例も多い。地物の農作物などのをブランド化も日本のあちらこちらでブランド化で差別化は難しい。

●注
 妄想癖のある個人の感想であり、断定的に取れる表現含め、誤読、誤解、誤認、その他も含まれる可能性もある上での感想。これも芸術だ。

| | コメント (0)

« 2020年9月20日 (日) | トップページ | 2020年9月22日 (火) »