« 2020年9月16日(水)付け小説朝日新聞社説『社会保障改革 共助・公助の議論こそ』を読んでの感想 | トップページ | 2020年9月17日(木)付け小説朝日新聞社説『菅「継承」内閣が発足 安倍政治の焼き直しはご免だ』を読んでの感想 »

2020年9月16日 (水)

2020年9月16日(水)付け小説朝日新聞社説『外国人政策 現実見すえ転換する時』を読んでの感想。

 2020年9月16日(水)付け小説朝日新聞社説『外国人政策 現実見すえ転換する時』を読んでの感想。

以下感想
>次の内閣はこの窮状への手当てを急がなければならない。
 優遇政策では、公平性から外れる。

>たとえば、技術や知識を学んで自国に持ち帰ってもらうのが目的のはずの「技能実習制度」は、安い労働力を確保する手段となった。
 雇う側の悪用である。悪用している側を何故追求しないのか?その点が見えない朝日社説。 

>長時間労働やパワハラなどの人権侵害が相次ぎ、職場から失踪する外国人が続出した。留学生の名目で、実際は労働者を受け入れる脱法的なビジネスも横行した。
 2020/05/12付けwedge『コロナ禍「困窮留学生」を憐れむ大手新聞社の欺瞞』https://wedge.ismedia.jp/articles/print/19563 のことか。『問題の根本は、新聞社自体の姿勢にある。そう考えて、朝日新聞社にも取材した。だが、資本関係のない販売所で起きている問題との回答しか得られなかった。自らは無関係だと言いたいのだ。』、この新聞社は、正面から答えていないように思える。

>日本語習得の手助けや日本語が母語でない子の学びの確保など、自治体や民間団体が主に担ってきた事業に、政府も積極的に関与していくことが求められる。
 国民ではない『子』に対して、国が日本語を強制する行為は、人権団体が発狂しかねない。

>外国人が地域に溶け込めず対立や分断が起きれば、その地域全体が住みにくくなる。
 僅かな問題をメディアが大きく取り上げ、その地域に住む外国人が逆に住み難くなるようなことが起きそうな気がしてならない。

●注
 妄想癖のある個人の感想であり、断定的に取れる表現含め、誤読、誤解、誤認、その他も含まれる可能性もある上での感想。これも芸術だ。

|

« 2020年9月16日(水)付け小説朝日新聞社説『社会保障改革 共助・公助の議論こそ』を読んでの感想 | トップページ | 2020年9月17日(木)付け小説朝日新聞社説『菅「継承」内閣が発足 安倍政治の焼き直しはご免だ』を読んでの感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2020年9月16日(水)付け小説朝日新聞社説『社会保障改革 共助・公助の議論こそ』を読んでの感想 | トップページ | 2020年9月17日(木)付け小説朝日新聞社説『菅「継承」内閣が発足 安倍政治の焼き直しはご免だ』を読んでの感想 »