« 2020年10月1日(木)付け小説朝日新聞社説『大阪の都構想 政党は責任もって語れ』を読んでの感想 | トップページ | 2020年10月2日(金)付け小説朝日新聞社説『女性と性暴力 自民は鈍感すぎないか』を読んでの感想/また、メディアへの不信感が募る‘ »

2020年10月 1日 (木)

2020年10月1日(木)付け小説朝日新聞社説『政府予算編成 透明性の確保が必須だ』を読んでの感想。

 2020年10月1日(木)付け小説朝日新聞社説『政府予算編成 透明性の確保が必須だ』を読んでの感想。

以下感想
>各省庁は「コロナ禍の先行きがよめず、詳細な政策を詰められなかった」と説明するが、それだけではあるまい。
 事項要求理由は、接待賭け麻雀などで聞き出したのか?

>霞が関の都合で不透明な予算づくりを進めることは、許されない。
 と財務省の代弁にも取れる。

>~決定に至る過程を国民に明らかにする必要がある。
 既に、接待賭け麻雀などで聞き出しているので、政府の説明と食い違えば揚げ足取りに利用出来るってことか?

>国土交通省は、幹線道路建設やインフラ輸出を促進する予算の増額を求めた。
 9/30付けNHK『国の来年度予算案 概算要求 ⼀般会計総額 100兆円超の⾒通し』https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200930/k10012641231000.html より、『豪雨など相次ぐ災害を踏まえて、水害対策を強化するため堤防や治水ダムの整備のほか、住居の移転を促す費用として5027億円を要求しました。』。逃げ惑うより、逃げずに済むが望ましい。

>文部科学省は、有人月探査計画の関連予算を今年度比で11倍以上要求した。
 過去の朝日社説では、有人月探査計画基本反対だからであろう。7月4日付け社説『宇宙基本計画 「安保」最優先の危うさ』では、有人月探査計画「アルテミス」などに対して、『米主導のプロジェクトへの出費がかさみ、他にしわ寄せが及ぶのでは本末転倒だ。』と主張していた。
 『11倍』とは、印象操作目的アリキが見え見え。総額を記さない『11倍』だ。NHK報道によれば、総額で800億円のようだ。

 妙智希林と言えば、上記に記載した9/30付けNHK『国の来年度予算案 概算要求 ⼀般会計総額 100兆円超の⾒通し』の報道、防衛省だけ何故か総額『過去最⼤の5兆4898億円』と記載するが、他の省は『⾼額な治療費を助成する費⽤として151億円』(厚労省)などと総額を示さない部分で報道。

>~優先順位が下がった事業は大胆に見直すしかない。
 疑問符の付くと言えば、新聞の軽減税はやめた方がよいだろう。水道料金、電気料金、何れも対象ではない。実に歪んでいる。


●注
 妄想癖のある個人の感想であり、断定的に取れる表現含め、誤読、誤解、誤認、その他も含まれる可能性もある上での感想。これも芸術だ。

|

« 2020年10月1日(木)付け小説朝日新聞社説『大阪の都構想 政党は責任もって語れ』を読んでの感想 | トップページ | 2020年10月2日(金)付け小説朝日新聞社説『女性と性暴力 自民は鈍感すぎないか』を読んでの感想/また、メディアへの不信感が募る‘ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2020年10月1日(木)付け小説朝日新聞社説『大阪の都構想 政党は責任もって語れ』を読んでの感想 | トップページ | 2020年10月2日(金)付け小説朝日新聞社説『女性と性暴力 自民は鈍感すぎないか』を読んでの感想/また、メディアへの不信感が募る‘ »