« 2020年9月5日(土)付け小説朝日新聞社説『核燃料の貯蔵 政策転換から逃げるな』を読んでの感想。 | トップページ | 2020年9月7日(月)付け小説朝日新聞社説『対ロシア交渉 失敗を検証して出直せ』を読んでの感想。 »

2020年9月 6日 (日)

2020年9月6日(日)付け小説朝日新聞社説『コロナワクチン 社会の合意 丁寧に築け』を読んでの感想/子宮頸がんワクチン問題の反省も乏しく、また、不安煽りか

 2020年9月6日(日)付け小説朝日新聞社説『コロナワクチン 社会の合意 丁寧に築け』を読んでの感想。

以下感想。
>接種が逆に、感染や重症化のリスクを高めるおそれがあるともいわれる。
 お得意の不安だけを煽りたいってことか。

>そうした情報を丁寧に発信し、透明性のある議論を重ねて、社会の合意を形成することが肝要だ。
 不安を煽りに煽って、日本をワクチン接種後進国に貶めた事例を思い出す。煽った人たちの反省が無い限り全ては無駄になりかねない。子宮頸がんワクチンのことだ。
 朝日社説では、問題があるかのように散々騒いでいた。
 2015年9月5日付け朝日新聞朝刊社説『子宮頸がん― ワクチン禍の救済急げ』では、『これまでに集まった被害報告は約2600人分に達し、4分の1は重症という。』と不安を煽っていた。それもWHOの一般的な見解も記載せずにだ。
 2016/12/3付けbuzzfeed『「救えるはずの患者を救えない」 子宮頸がんワクチン副作用「問題」はなぜ起きた?』https://www.buzzfeed.com/jp/satoruishido/hpv?utm_term=.eg2gk0WAv#.cs242vpBW より『2013年3月に何があったのか。AAさんは朝日新聞の1本の記事をあげる。東京都内の女子中学生について報じた記事だ。』。朝日が切っ掛けの指摘。
 2020/2/5付⽇本経済新聞 ⼣刊『HPVワクチン適切な対応を』より、『BB教授は名古屋市に住む当時9歳から15歳までの⼥⼦約7万⼈に対して、ワクチン接種の有無と24の症状についてのアンケート調査を⾏いました。回答があった約3万⼈のデータの解析結果は⼀昨年、医学専⾨雑誌で公表されました。結論は「HPVワクチンと症状との間に有意な関連性は⾒いだされなかった」というものでした。』。『しかし、副反応を⼤きく取りあげた⽇本のマスコミは「名古屋スタディー」をほとんど報道していません。』
 今も子宮頸がんワクチンの接種は十分に増えていない。

>しかし肺炎を起こすウイルスの病気に対しては、感染を予防できるワクチンが実用化された例はないといい、
 MSDマニュアル『肺炎の概要』https://msdmnls.co/3jPo06fを参考
 ウイルスに対しては、
 水痘ウイルスによる肺炎は、水痘ワクチンで予防。
 インフルエンザウイルスによる肺炎は、インフルエンザワクチンで予防。
とされるが、朝日社説はどのような意味で記しているのか?
 尚、菌に対しては、
 インフルエンザ菌による肺炎は、インフルエンザ菌b型ワクチンで予防。
 肺炎球菌には肺炎は、肺炎球菌ワクチンで予防。
とされる。 

>だが臨床研究で十分な効果は確認されないまま、今に至っている。
 誤解を与えかねない。米国のレムデシビルなどは、『28人に投与すれば1人が助かる』として緊急時の治療薬承認として許可された(https://jomdd.com/2020/05/2697.htmlを参考)。同じレベルなら、アビガンも承認であろうが、厚労省は責任問題を避ける為にカタい対応をしているという話もある。

>政治の側からのこうした前のめりな発言は、厳に慎んでもらいたい。
 実質的な被害者はいない。一方、報道の側から不安を煽る主張こそ厳に慎んでもらいたい。被害者が増えるだけだ。

>国やメーカーではなく、接種を受ける市民の視点から議論を深めるべきだ。
 知識のない市民を利用して、不安を煽るってことか。

●注
 妄想癖のある個人の感想であり、断定的に取れる表現含め、誤読、誤解、誤認、その他も含まれる可能性もある上での感想。これも芸術だ。

|

« 2020年9月5日(土)付け小説朝日新聞社説『核燃料の貯蔵 政策転換から逃げるな』を読んでの感想。 | トップページ | 2020年9月7日(月)付け小説朝日新聞社説『対ロシア交渉 失敗を検証して出直せ』を読んでの感想。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2020年9月5日(土)付け小説朝日新聞社説『核燃料の貯蔵 政策転換から逃げるな』を読んでの感想。 | トップページ | 2020年9月7日(月)付け小説朝日新聞社説『対ロシア交渉 失敗を検証して出直せ』を読んでの感想。 »