« 2020年9月8日(火)付け小説朝日新聞社説『陸上イージス 首相主導が招いた迷走』を読んでの感想。 | トップページ | 2020年9月9日(水)付け小説朝日新聞社説『総裁選告示 政権総括 議論を深めよ』を読んでの感想 »

2020年9月 8日 (火)

2020年9月8日(火)付け小説朝日新聞社説『台風への備え 教訓に学び より確かに』を読んでの感想。

 2020年9月8日(火)付け小説朝日新聞社説『台風への備え 教訓に学び より確かに』を読んでの感想。

以下感想。
 台風10号。気象庁のアナウンスの割に被害は、日本では幸い少なかったようだ。一方、残念そうな一部メディア。気のせいか。

>九州の西を北上した台風10号は、各地に土砂災害や冠水などの被害をもたらした。
 台風10号に対して、気象庁は複数回最⼤級の警戒を呼びかた。一方、朝日社説として10号に対しての事前の呼びかけなし。

>台風が接近するかなり前から、避難所やホテル、
 9/5付けJ-CAST『Go Toトラベル活⽤して「避難」 台⾵10号接近で九州のホテル満室相次ぐ』より、『ネット上では、政府のGo Toトラベルキャンペーンを利⽤して宿泊費を安くしたとの声も多い。台⾵が通過するとみられる2020年9⽉6⽇は、満室になるホテルが続出している。』。本来の目的とは異なる利用法だが、避難に躊躇している人の背中を押した可能性もある。当然のようにGo Toの記載のない朝日社説。

>電力会社は早急に被害の実態を把握し、復旧に全力をあげなければならない。
 言われなくとも行うだろう。

>ライフラインの維持を担う企業や団体は、こうした取り組みも参考にして、その責任を果たしてもらいたい。
 送電網はタダではない。借用する企業は相応の負担が必要だ。

>だが業者の不足などが原因で、8月現在で約6千件の申請に対し、工事を終えたのは3600件にとどまるという。
 コロナが主原因ではないのか?

 ところで、言うまでもなく避難するにも事前の予報が重要である。日本の気象庁と異なる見解を出していた韓国気象庁。
 9/5付け韓国中央日報『韓国気象庁「台⾵10号、東に経路変更…韓半島を貫通しない」』より、『このため韓国に上陸せず、東海岸側を通過しながら影響を与えると予想される。』。
 9/7付け韓国朝鮮日報『台風10号「ハイシェン」、韓国を強打…被害続出』より、『台風10号は、「韓半島内陸には上陸しない」という当初の予報とは異なり、7日午前に蔚山付近から上陸。そのまま北上して江陵の南東へと抜ける間に各所で被害が発生した。』
 日本の気象庁には、間違った予想を出さないように更なる設備投資を含めた精度向上に力を入れて欲しい。
 


●注
 妄想癖のある個人の感想であり、断定的に取れる表現含め、誤読、誤解、誤認、その他も含まれる可能性もある上での感想。これも芸術だ。

|

« 2020年9月8日(火)付け小説朝日新聞社説『陸上イージス 首相主導が招いた迷走』を読んでの感想。 | トップページ | 2020年9月9日(水)付け小説朝日新聞社説『総裁選告示 政権総括 議論を深めよ』を読んでの感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2020年9月8日(火)付け小説朝日新聞社説『陸上イージス 首相主導が招いた迷走』を読んでの感想。 | トップページ | 2020年9月9日(水)付け小説朝日新聞社説『総裁選告示 政権総括 議論を深めよ』を読んでの感想 »