« 2020年9月15日(火)付け小説朝日新聞社説『菅新総裁選出 総括なき圧勝の危うさ』を読んでの感想 | トップページ | 2020年9月16日(水)付け小説朝日新聞社説『社会保障改革 共助・公助の議論こそ』を読んでの感想 »

2020年9月15日 (火)

2020年9月15日(火)付け小説朝日新聞社説『大坂なおみ選手 ボールは私たちの側に』を読んでの感想/『圧倒的多数は平和的な手段』??

 2020年9月15日(火)付け小説朝日新聞社説『大坂なおみ選手 ボールは私たちの側に』を読んでの感想。

以下感想
 大坂なおみ選手、優勝おめでとう。

>抗議活動が先鋭化し、警察や白人至上主義者との衝突に発展した例もある。だが街頭に出ている圧倒的多数は平和的な手段を用い、周囲にもそうするよう呼びかけてきた。
 『圧倒的多数は平和的な手段』、次は平和的であろうか?
・6/12付けJ-CAST『「シアトル占拠」に市長「お祭りみたい」、大統領は「制圧せよ」』https://www.j-cast.com/2020/06/12387892.html?p=allより、『約500人のデモ隊が市街地の一角である市庁舎周辺にバリケードを築き』、『警察署も占拠し、警察署の建物正面の文字は「警察(POLICE)」が「人々(PEOPLE)」に書き換えられ、「SEATTLE PEOPLE DEPARTMENT」とされた。』、『FOXニュースによると、自治区設置にはアンティファ(ANTIFA=左派から極左の反ファシズム運動で、トランプ大統領の支持者と対立)が関与しており、彼らもそれを隠してはいないという。』
・7/2付けafp『米シアトル警察、「自治区」からデモ隊を強制排除』https://www.afpbb.com/articles/-/3291462 より、『警察によると、解散の拒否や妨害、攻撃、刃物や金属パイプを含む武器の不法所持の疑いで、少なくとも31人を逮捕したという。』、『無警察地帯となった同地区で、ティーンエージャー2人が死亡した複数の銃撃事件をはじめ、犯罪が急増した』、警察署長の発言『アフリカ系米国人のベスト氏は、「平和的なデモは支持する。黒人の命は大切だ」「だがもうたくさんだ。われわれの仕事は地域社会を保護し、地域社会に奉仕することだ」と述べた。』
・8/19付けロイター『⽶ポートランド市の反⼈種差別デモ、警察が暴動と宣⾔』より、『保安官事務所はツイッターに「⼈々が破壊し、1階の窓を⽯で繰り返し壊し、オフィス内に燃焼物を投げ⼊れた~』。 
・8/25付けロイター『⽶ウィスコンシン州、⿊⼈男性への警官発砲へのデモ続く 放⽕も』https://jp.reuters.com/article/global-race-usa-wisconsin-0825-idJPKBN25L13Hより『放火も発生、被害を受けたのは主に黒人のビジネス街で、白人があおっていたとの情報もある。』、動画あり。
・9/4付けロイター『米ポートランドの抗議デモ、発砲の容疑者を警察が射殺』https://jp.reuters.com/article/global-race-protests-portland-idJPKBN25V0TM 『ポートランドの抗議デモでは、トランプ大統領の支持者で地元極右団体「パトリオット・プレイヤー」を支持していたアーロン・ダニエルソンさんが銃撃を受けて死亡』(現在も記載あり)、『レイノール容疑者がインスタグラムに投稿したメッセージによると、同容疑者は反ファシストを⾃称し、⼈種差別解消を訴える「ブラック・ライブズ・マター(⿊⼈の命は⼤切だ)」運動に積極的に参加していた。』
 
 日頃、一部をとらえて恰も全体がそうであるかのように思わせる朝日。しかし、米国で起こっている暴動では、何故か真逆である。

>人々を動かしているのは、黒人であるというだけの理由で警官が暴力をふるう事件が相次ぐ現実を、黙って見ているわけにはいかないという思いだ。
 このような記載を黙って読んでいるだけではない。メディアには切り取り報道がある。
 発端となったフロイド氏の「拘束時死亡事故」、警官のボディカメラ映像ノーカット編(https://twitter.com/PKAnzug/status/1298166704673927174、
https://www.youtube.com/watch?v=0gQYMBALDXc)。印象が変わる人もいるだろう。56分程度から電気ショックシーン。

>まさに一人の人間として、アスリートが不正義に声をあげる行為を、封じることはできないし、封じるべきではない。
 何人も自由である。しかし、影響力が大きい人は相応に責任も伴うだろう。

>異議申し立てを抑圧する側に回ってはいないか。
 朝日の主張に沿うものに異議申し立てをすると、抑圧する側扱いにされる気がしてならない。

●注
 妄想癖のある個人の感想であり、断定的に取れる表現含め、誤読、誤解、誤認、その他も含まれる可能性もある上での感想。これも芸術だ。

|

« 2020年9月15日(火)付け小説朝日新聞社説『菅新総裁選出 総括なき圧勝の危うさ』を読んでの感想 | トップページ | 2020年9月16日(水)付け小説朝日新聞社説『社会保障改革 共助・公助の議論こそ』を読んでの感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2020年9月15日(火)付け小説朝日新聞社説『菅新総裁選出 総括なき圧勝の危うさ』を読んでの感想 | トップページ | 2020年9月16日(水)付け小説朝日新聞社説『社会保障改革 共助・公助の議論こそ』を読んでの感想 »