« 2020年10月26日 (月) | トップページ | 2020年10月28日 (水) »

2020年10月27日 (火)の2件の投稿

2020年10月27日 (火)

2020年10月27日(火)付け小説朝日新聞社説『50年に脱炭素 目標実現の戦略を示せ』を読んでの感想/国連機関のIPCC特別報告書では、工学的炭素除去が必要が前提

 2020年10月27日(火)付け小説朝日新聞社説『50年に脱炭素 目標実現の戦略を示せ』を読んでの感想。

 

以下感想
>とはいえ「50年に実質ゼロ」は非常に高いハードルで、30年に10年比で45%削減しないと実現はおぼつかない。ところが現在の日本の目標は「13年度比で26%削減」にとどまり、このままでは「50年に実質ゼロ」の達成はほぼ不可能だ。
 2010、13年、30年、50年の僅か4点であるが相関係数は0.98。ほぼ直線に乗る目標に思えるが、朝日の説明は少々乱暴ではないか。
 
>二酸化炭素の回収・貯留・有効利用、水素やアンモニアによる発電といった技術開発が、排出削減の武器になるのはたしかだ。ただ、普及の時期が不確かな技術だけに期待していては、10年後の大幅削減が間に合わなくなる恐れがある。
 既存の目標の達成には、脱化石燃料、再生可能エネルギーだけでは無理であり、工学的炭素除去が必要とされるが、相変わらずこの点を語らずの朝日社説。
 2019.03.22付けナショジオ『地球温暖化、目標達成に残された道はギャンブル 520万通りをシミュレーション、望みは一発逆転の技術、研究』https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/19/031900171/ より、『IPCCの特別報告書も、世界の気温上昇を1.5℃未満に収めるには、工学的な炭素除去を大規模に行う以外にはないとしている。』
 2019年10月IGES『IPCC特別報告書「気候変動と土地(Climate Change and Land)」』
https://www.iges.or.jp/jp/pub/climate-change-and-land/ja https://bit.ly/3owzVsMより、『温暖化抑制のために化石燃料消費に関連するあらゆる産業において大規模な排出削減を実施する必要があるが、それだけでは足りず、二酸化炭素除去(CDR, carbon dioxide removal)技術を使用して大気中からCO2を大量に取り除いていく必要もある。』
 環境省『IPCC第48回総会に際しての勉強会資料』http://www.env.go.jp/earth/ipcc/6th/ar6_sr1.5_overview_presentation.pdf

 

>まず手をつけるべきは、技術開発がなくても取り組むことができる対策である。
 残紙、押し紙を無くすことも重要だ。その気になれば、今日は無理でも明日には出来る。
 原発を嫌ったドイツ。その為に天然ガスが必須となり、6月29日付けwill『脱原発でドイツは「ロシアの捕虜」に』https://web-willmagazine.com/energy-environment/5F8b9 ドイツがロシアを批判することもあるが、現実は「ガスが欲しゅうございます」の状態。偏りのない多様な発電が求められる。巨大台風で風車、パネルが全て失われる場合も想定するべきであろう。

 

>その変化を後押しするため、炭素税や排出量取引の導入を急ぐ必要がある。
 それより、残紙、押し紙など明らかな無駄に対する課税の強化が必要だ。電力の不足時に対処する為に、停電を優先的に認める家庭、企業に対して平時料金の値下げ制度もあってよいだろう。
 
>しかし、事故リスクや経済合理性を踏まえれば、将来は原発ゼロをめざすべきだ。
 しかし、「脱原発」のドイツ。2020年03月10日付け時事通『ドイツ、「気候」と両立に苦悩 脱原発で試練―東日本大震災から9年』https://www.jiji.com/jc/article?k=2020030900718&g=int より、『メルケル氏が所属するキリスト教民主同盟(CDU)の経済・雇用・税制委員会は1月、核融合発電など原子力の新技術を「CO2無排出のエネルギー」として、精査すべきだとの文書をまとめた。』
 2020年05月15日付けテレ東『ドイツで原発冷却塔を"秘密裏に"爆破・解体』https://www.tv-tokyo.co.jp/news/original/2020/05/15/011053.html 日本で行えば、ゴリ押し、説明なく、発狂案件。国情の違いが読み取れる。

 

>「50年に実質ゼロ」がかけ声倒れにならぬよう、
 国連機関のIPCC特別報告書では、工学的炭素除去が必要が前提である。同様に日本も前提条件とした。

※2020年10月28日追記

 令和2年10月27日(火曜日)付け外務省『茂木外務大臣会見記録 』https://www.mofa.go.jp/mofaj/press/kaiken/kaiken4_001020.html 温室効果ガス削減目標に関する質問は日経記者からの1件のみ。現場の朝日記者は興味なしか?

 

●注
 妄想癖のある個人の感想であり、断定的に取れる表現含め、誤読、誤解、誤認、その他も含まれる可能性もある上での感想。これも芸術だ。

 

| | コメント (0)

2020年10月27日(火)付け小説朝日新聞社説『初の所信表明 国民の胸に響いたか』を読んでの感想

 2020年10月27日(火)付け小説朝日新聞社説『初の所信表明 国民の胸に響いたか』を読んでの感想。

以下感想
 社説の下部にポップ広告、印刷画面に切り替えてもまたポップ広告。都度×のクリックを求められる迷惑状態。金儲け優先が垣間見れる。

 歪みのない所信表明演説、
令和2年10月26日付け官邸『第二百三回国会における菅内閣総理大臣所信表明演説』https://www.kantei.go.jp/jp/99_suga/statement/2020/1026shoshinhyomei.html
 演説は、『一 新型コロナウィルス対策と経済の両立、二 デジタル社会の実現、サプライチェーン、三 グリーン社会の実現、四 活力ある地方を創る、五 新たな人の流れをつくる、六 安心の社会保障、七 東日本大震災からの復興、災害対策、八 外交・安全保障、九 おわりに』について行った。


>人目を引くキャッチフレーズは避け、実務重視で各論を積み上げていく。それが菅首相の流儀なのだろうが、就任後初めての所信表明演説としては、肩すかしと言うほかない。
 『所信表明演説』とは朝日系列のコトバンクによれば、『政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。』と記載がある。その方向の『所信表明演説』でも主張に沿うことがないと『肩すかし』扱いの社説。
 今回は、胸に響くような感情表現を避けた演説であった。昨日の日経夕刊『⾸相、各論積み上げ実務型 所信表明演説』より、『⾸相は演説を推敲(すいこう)するにあたり、感情に訴えかけるような美辞麗句などは避けた。その代わり約7000字という歴代の所信表明演説の平均的な⽂字数のなかで、個別政策を可能な限り積み上げた。』。朝日社説としては、感情剥き出しにしてくれた方が、お手軽に揚げ足を取りやすかった言いたいのかも知れない。

>~首相が自民党総裁選時から訴えてきた諸施策の説明に費やされた。
 それの何処が悪いのかサッパリ分からない。これまで訴えてきた諸施策を首相として実現するために『所信表明演説』にまとめたことが問題なのか?

>~全体を貫く理念や社会像の提示は十分とはいえない。
 『十分』とはご都合主義には便利な言葉。定義は、その都度自由自在に変えられる。全体の何%割けば『十分』だと判断するのか?

>「『自助・共助・公助』そして『絆』」というお定まりの言葉はあったが、その内実は相変わらずよくわからない。
 『よくわからない。』と伝えることは、幼稚園児でも可能。ジャーナリスト放棄の表現だ。交代が望ましい。
 首相は次のように説明した。『私が目指す社会像は、「自助・共助・公助」そして「絆」です。自分でできることは、まず、自分でやってみる。そして、家族、地域で互いに助け合う。その上で、政府がセーフティネットでお守りする。そうした国民から信頼される政府を目指します。』。これで『よくわからい』とする理由が分からないので、朝日社説には丁寧な説明が求められる。

>今回の演説では全く触れられなかったのが、日本学術会議が推薦した会員候補6人の任命拒否問題である。
 それは、『所信表明演説』で取り上げるような大項目ではないから。

>聞かれなければ語らないというのでは、その問題意識がどこまで真摯(しんし)なものか、疑わざるを得ない。
 つまり、テレビないしネット中継などを見て、質問をしないで楽に記事や社説にしたいってことか。

>語られなかったもう一つのテーマが、来年1月に発効することになった核兵器禁止条約への評価である。
 評価を語る場ではない。ところで、演説では朝日新聞の大好きな韓国について、『韓国は、極めて重要な隣国です。』と語ったが、この件の評価がない朝日社説。
 語られなかったテーマは無数にある。一例、押し紙、残紙問題、誤報の後処理問題、尖閣問題、大和堆問題、外資の⼟地買収問題、中国人権問題、韓国の新日鉄住金に対する損害賠償の問題etc。
 特に人権問題に煩いと思わせている朝日が、何故中国人権問題を『語られなかったテーマ』としなかったのか疑問がわく。9月10日付けafp『国連は中国の人権侵害を調査せよ、321団体が要求』https://www.afpbb.com/articles/-/3303857、10月14日付けヤフー(ハンギョレ)『国連人権理事会に中国・ロシア・サウジ?…人権団体「放火犯が消防隊に入るのと同じ」』https://news.yahoo.co.jp/articles/f9f61be7b11e4e42cb24522933b31088a3f3ff75 

>だからといって、丁寧な説明や合意形成のプロセスをはしょっていいことにはならない。
 その判断は、何れも基準不明の朝日社説傀儡一味のご都合で決まる。

 日経記事によれば、『所信表明演説』は、歴代平均の約7000字。今回もそうであったとされる。より長くすることも可能だが、約7000字を上限として、首相の考えに加えて、朝日が求める全体を貫く理念や社会像の提示、『自助・共助・公助』そして『絆』の説明、日本学術会議の件、核兵器禁止条約の件を朝日社説ならどうまとめるのか?(首相の考えを歪めずに)知りたいところだ。約7000字(時間で約25分)が無理ならば、何字なら可能なのか?。「説明が足れない」が好きな朝日だとどのようなことになるのやら。


●注
 妄想癖のある個人の感想であり、断定的に取れる表現含め、誤読、誤解、誤認、その他も含まれる可能性もある上での感想。これも芸術だ。

| | コメント (0)

« 2020年10月26日 (月) | トップページ | 2020年10月28日 (水) »