« 2020年10月22日(木)付け小説朝日新聞社説『首相の初外遊 地域の安定 対話重視で』を読んでの感想。 | トップページ | 2020年10月23日(金)付け小説朝日新聞社説『サイバー攻撃 ロシアは疑惑に答えよ』を読んでの感想 »

2020年10月22日 (木)

2020年10月22日(木)付け小説朝日新聞社説『グーグル提訴 独占の実相、解明を』を読んでの感想。

 2020年10月22日(木)付け小説朝日新聞社説『グーグル提訴 独占の実相、解明を』を読んでの感想。

以下感想
>グーグルの基本ソフト「アンドロイド」を使うスマホに対し、他社の検索エンジンをあらかじめ組み込むのを禁じているなどと指摘している。
 他の検索エンジンも選択可能でありこれには疑問。どうせなら、インストールするアプリはGoogle Play1択の問題にして欲しい。

>アップル社の閲覧ソフト「サファリ」でグーグル検索を初期設定にする契約をしていることも問題視した。
 10月21日付け日経新聞夕刊『アップル契約「反競争的」 ⽶司法省、グーグル提訴で
スマホ検索「標準」と指摘』より、『アップルのティム・クック最⾼経営責任者(CEO)のインタビュー記事を引⽤し、同社は「最良」と判断してグーグルの検索サービスを使いやすくしていると指摘した。』。双方の合意と取れる。

>~批判は超党派的でもある。
 この問題に限らず、国内ではトランプ独断と思わせるような報道が目立つ(議会で可決の部分がなかったりする)。中国の新型コロナ対応を⾮難する決議、対中強硬法、WHO年次総会に台湾参加を支援する法など何れも超党派で可決。

>ただ、検索そのものは無料でも、それに連動した広告を企業に売ることで利益を得ているため、独占で広告料が高止まりすれば結果的に消費者の負担増にもなりうる。
 想定される具体的な金額の記載がないので分かり難い。


●注
 妄想癖のある個人の感想であり、断定的に取れる表現含め、誤読、誤解、誤認、その他も含まれる可能性もある上での感想。これも芸術だ

|

« 2020年10月22日(木)付け小説朝日新聞社説『首相の初外遊 地域の安定 対話重視で』を読んでの感想。 | トップページ | 2020年10月23日(金)付け小説朝日新聞社説『サイバー攻撃 ロシアは疑惑に答えよ』を読んでの感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2020年10月22日(木)付け小説朝日新聞社説『首相の初外遊 地域の安定 対話重視で』を読んでの感想。 | トップページ | 2020年10月23日(金)付け小説朝日新聞社説『サイバー攻撃 ロシアは疑惑に答えよ』を読んでの感想 »