« 2020年10月27日(火)付け小説朝日新聞社説『初の所信表明 国民の胸に響いたか』を読んでの感想 | トップページ | 2020年10月28日(水)付け小説朝日新聞社説『食品ロス削減 飽食の国ですべきこと』を読んでの感想。 »

2020年10月27日 (火)

2020年10月27日(火)付け小説朝日新聞社説『50年に脱炭素 目標実現の戦略を示せ』を読んでの感想/国連機関のIPCC特別報告書では、工学的炭素除去が必要が前提

 2020年10月27日(火)付け小説朝日新聞社説『50年に脱炭素 目標実現の戦略を示せ』を読んでの感想。

 

以下感想
>とはいえ「50年に実質ゼロ」は非常に高いハードルで、30年に10年比で45%削減しないと実現はおぼつかない。ところが現在の日本の目標は「13年度比で26%削減」にとどまり、このままでは「50年に実質ゼロ」の達成はほぼ不可能だ。
 2010、13年、30年、50年の僅か4点であるが相関係数は0.98。ほぼ直線に乗る目標に思えるが、朝日の説明は少々乱暴ではないか。
 
>二酸化炭素の回収・貯留・有効利用、水素やアンモニアによる発電といった技術開発が、排出削減の武器になるのはたしかだ。ただ、普及の時期が不確かな技術だけに期待していては、10年後の大幅削減が間に合わなくなる恐れがある。
 既存の目標の達成には、脱化石燃料、再生可能エネルギーだけでは無理であり、工学的炭素除去が必要とされるが、相変わらずこの点を語らずの朝日社説。
 2019.03.22付けナショジオ『地球温暖化、目標達成に残された道はギャンブル 520万通りをシミュレーション、望みは一発逆転の技術、研究』https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/19/031900171/ より、『IPCCの特別報告書も、世界の気温上昇を1.5℃未満に収めるには、工学的な炭素除去を大規模に行う以外にはないとしている。』
 2019年10月IGES『IPCC特別報告書「気候変動と土地(Climate Change and Land)」』
https://www.iges.or.jp/jp/pub/climate-change-and-land/ja https://bit.ly/3owzVsMより、『温暖化抑制のために化石燃料消費に関連するあらゆる産業において大規模な排出削減を実施する必要があるが、それだけでは足りず、二酸化炭素除去(CDR, carbon dioxide removal)技術を使用して大気中からCO2を大量に取り除いていく必要もある。』
 環境省『IPCC第48回総会に際しての勉強会資料』http://www.env.go.jp/earth/ipcc/6th/ar6_sr1.5_overview_presentation.pdf

 

>まず手をつけるべきは、技術開発がなくても取り組むことができる対策である。
 残紙、押し紙を無くすことも重要だ。その気になれば、今日は無理でも明日には出来る。
 原発を嫌ったドイツ。その為に天然ガスが必須となり、6月29日付けwill『脱原発でドイツは「ロシアの捕虜」に』https://web-willmagazine.com/energy-environment/5F8b9 ドイツがロシアを批判することもあるが、現実は「ガスが欲しゅうございます」の状態。偏りのない多様な発電が求められる。巨大台風で風車、パネルが全て失われる場合も想定するべきであろう。

 

>その変化を後押しするため、炭素税や排出量取引の導入を急ぐ必要がある。
 それより、残紙、押し紙など明らかな無駄に対する課税の強化が必要だ。電力の不足時に対処する為に、停電を優先的に認める家庭、企業に対して平時料金の値下げ制度もあってよいだろう。
 
>しかし、事故リスクや経済合理性を踏まえれば、将来は原発ゼロをめざすべきだ。
 しかし、「脱原発」のドイツ。2020年03月10日付け時事通『ドイツ、「気候」と両立に苦悩 脱原発で試練―東日本大震災から9年』https://www.jiji.com/jc/article?k=2020030900718&g=int より、『メルケル氏が所属するキリスト教民主同盟(CDU)の経済・雇用・税制委員会は1月、核融合発電など原子力の新技術を「CO2無排出のエネルギー」として、精査すべきだとの文書をまとめた。』
 2020年05月15日付けテレ東『ドイツで原発冷却塔を"秘密裏に"爆破・解体』https://www.tv-tokyo.co.jp/news/original/2020/05/15/011053.html 日本で行えば、ゴリ押し、説明なく、発狂案件。国情の違いが読み取れる。

 

>「50年に実質ゼロ」がかけ声倒れにならぬよう、
 国連機関のIPCC特別報告書では、工学的炭素除去が必要が前提である。同様に日本も前提条件とした。

※2020年10月28日追記

 令和2年10月27日(火曜日)付け外務省『茂木外務大臣会見記録 』https://www.mofa.go.jp/mofaj/press/kaiken/kaiken4_001020.html 温室効果ガス削減目標に関する質問は日経記者からの1件のみ。現場の朝日記者は興味なしか?

 

●注
 妄想癖のある個人の感想であり、断定的に取れる表現含め、誤読、誤解、誤認、その他も含まれる可能性もある上での感想。これも芸術だ。

 

|

« 2020年10月27日(火)付け小説朝日新聞社説『初の所信表明 国民の胸に響いたか』を読んでの感想 | トップページ | 2020年10月28日(水)付け小説朝日新聞社説『食品ロス削減 飽食の国ですべきこと』を読んでの感想。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2020年10月27日(火)付け小説朝日新聞社説『初の所信表明 国民の胸に響いたか』を読んでの感想 | トップページ | 2020年10月28日(水)付け小説朝日新聞社説『食品ロス削減 飽食の国ですべきこと』を読んでの感想。 »