« 2020年10月13日(火)付け小説朝日新聞社説『学術会議問題 首相は説明責任果たせ』を読んでの感想/先ずは日本学術会議が愚民に分かりやすく説明責任果たせ | トップページ | 2020年10月14日(水)付け小説朝日新聞社説『待遇格差訴訟 是正への歩み止めるな』を読んでの感想 »

2020年10月13日 (火)

2020年10月13日(火)付け小説朝日新聞社説『災害時の情報 避難につながる発信を』を読んでの感想。

 2020年10月13日(火)付け小説朝日新聞社説『災害時の情報 避難につながる発信を』を読んでの感想。

以下感想
>こうした教訓から、最近は地元の気象台や国土交通省の地方整備局が、記者会見で早めの準備を呼びかけることが増えている。
 記者会見経由で、情報の遅れ、歪みが生じる可能性がある。気象台や国土交通省のリアルタイム配信は必須である。

>8月に発表された政府の中央防災会議の作業部会の中間報告は、
 ソースを追えないようにする為か?『政府の中央防災会議の作業部会の中間報告』の不十分な説明。
 2020年8月21日の会議。内閣府『避難情報に関する制度⾯での対応の⽅向性(案)について』http://www.bousai.go.jp/fusuigai/subtyphoonworking/pdf/dai3kai/siryo2.pdf のことであろう。
抜粋、
1.避難勧告・指⽰のあり⽅の検討 4ページから
方向性(案)、避難のタイミングを明確にするため、避難に関する情報としては避難指示に一本化する。
2.避難⾏動としての屋内移動等の位置付けの検討 11ページから
方向性(案)、避難情報の発令により屋内での移動等を求める。※これは1Fから2Fなどの話。
3.⾼齢者等避難開始の位置付けの検討 14ページから
方向性(案)、市町村長が、避難するのに適切な早めのタイミングで避難を促すことの制度的な位置付けの明確化。

 3点の中で、1、3は朝日社説に記載があるが2はない。

>入念な周知策を講じてほしい。
 それは、政府広告を出せってことか?

>~対象住民が100万人を超えることもある。
>~対象を絞り込んで発表するよう努力すべきだ。
 人口密度の高い地域では、避難そのものが危険行為になりかねない。場合によっては、電車の駅が溢れんばかり。一方、指示を出す側から見れば漏れを避けたいので安全策を取り、対象は絞りたくないだろう。お気楽、無責任に批判出来る立場とは異なる。

>もちろん住民側の備えも大切だ。
 それは、「自助」と言うもの。


●注
 妄想癖のある個人の感想であり、断定的に取れる表現含め、誤読、誤解、誤認、その他も含まれる可能性もある上での感想。これも芸術だ。

|

« 2020年10月13日(火)付け小説朝日新聞社説『学術会議問題 首相は説明責任果たせ』を読んでの感想/先ずは日本学術会議が愚民に分かりやすく説明責任果たせ | トップページ | 2020年10月14日(水)付け小説朝日新聞社説『待遇格差訴訟 是正への歩み止めるな』を読んでの感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2020年10月13日(火)付け小説朝日新聞社説『学術会議問題 首相は説明責任果たせ』を読んでの感想/先ずは日本学術会議が愚民に分かりやすく説明責任果たせ | トップページ | 2020年10月14日(水)付け小説朝日新聞社説『待遇格差訴訟 是正への歩み止めるな』を読んでの感想 »