« 2020年11月20日 (金) | トップページ | 2020年11月22日 (日) »

2020年11月21日 (土)の2件の投稿

2020年11月21日 (土)

2020年11月21日(土)付け小説朝日新聞社説『生殖医療と法 残る課題、解決に道を』を読んでの感想

 2020年11月21日(土)付け小説朝日新聞社説『生殖医療と法 残る課題、解決に道を』を読んでの感想。

以下感想
>与党と一部の野党が共同で提出した法案がきのう参院本会議で可決され、衆院に送られた。
 ⾃⺠、公明、⽴憲⺠主、維新、国⺠⺠主の法案。社民、共産を除く。

>海外で不妊治療を受けた後に親子関係や国籍を争う裁判が起こされたこともある。技術の進展を踏まえた、社会の幅広い合意に基づく法規制は不可欠だ。
 国ガーではなく、親の責任で対応すべき。治療は国が強制するものではないので、責任を持てない親は治療を受けるべきではない。

>~子が希望すれば情報にアクセスできる仕組みが広がる。
 精子や卵子の提供者側が開示を拒否出来る権利の仕組みも必要であろう。

>参院での審議は3時間にも満たなかった。
 2020年11⽉20⽇付けライブドア(現在ビジネス)『これは何かの冗談ですか︖ たった「2時間半」で命にかかわる重要法案が通ってしまう「この国の現実」 「⽣殖補助医療法案」可決に思うこと』より、『その3⽇前の11⽉16⽇、⾃⺠、公明、⽴憲⺠主、維新、国⺠⺠主の与野党5党は、夫婦以外の卵⼦や精⼦を⽤いた⽣殖補助医療で⽣まれた⼦供の親⼦関係を明らかにする⺠法特例法を参議院に共同提出したばかり。同法案は19⽇の法務委員会で2時間半かけて審議され、すぐさま賛成多数で可決された。』
 朝日社説としては、激しく拙速批判があってもよさそうだが何故かなし。共同提案だから、国会で十分な議論をする必要なしってことか。

 
●注
 妄想癖のある個人の感想であり、断定的に取れる表現含め、誤読、誤解、誤認、その他も含まれる可能性もある上での感想。これも芸術だ。

| | コメント (0)

2020年11月21日(土)付け小説朝日新聞社説『川辺川にダム 多様な対策を怠るな』を読んでの感想/議論だけに終わった12年を検証すべき

 2020年11月21日(土)付け小説朝日新聞社説『川辺川にダム 多様な対策を怠るな』を読んでの感想。

以下感想
>国が1960年代に発表した川辺川ダム計画に対し、知事が自ら「白紙撤回」を表明し待ったをかけたのが08年。
 その方向へ煽りに煽った一部メディアの存在を忘れてはならない。
 2009年衆院選挙の民主党マニフェスト、『今の仕組みを改め、新しい財源を生み出します。』と主張しつつ、『川辺川ダム、八ツ場ダムは中止。時代に合わない国の大型直轄事業は全面的に見直す。』と2つのダムを明記、その上で、就任直後の前原誠司国⼟交通相2009年9⽉23⽇には⼋ツ場ダム、26⽇には川辺川ダムの現地を視察しマニフェストを実行。
 2019年9月19日付け⼋ッ場(やんば)あしたの会『川辺川ダム計画の今 前原国交⼤⾂の中⽌表明から10年』より、『関係都県のすべての知事が推進を主張した⼋ッ場ダムは継続となりましたが、流域の⾸⻑と熊本県知事が⽩紙撤回を求めた川辺川ダムは、当時の前原国交⼤⾂の中⽌表明により本体⼯事着⼯の⼿前で休⽌となりました。しかし、国交省九州地⽅整備局は川辺川ダム基本計画を廃⽌していません。しかし、国交省九州地⽅整備局は川辺川ダム基本計画を廃⽌していません。川辺川ダムを中⽌するためには、川辺川ダムなしの河川整備計画の策定が必要だとされていますが、その作業が進んでいないためです。』
 
>全国有数の清流で知られる球磨川の環境保護を重視し、「ダムによらない治水」を掲げて対策を検討してきたが、まとまらなかった。
 『まとまらなかった。』とは意味不明。案は出た。2020年7月8にち付け⽇本経済新聞 朝刊『治⽔、抜本対策急務 熊本「ダムなし」整備進まず気候変動で⽔害多発 国の予算は低⽔準』より、『死者が最も多い熊本県が標榜していた「ダムなし治⽔」は整備が間に合わず成果を出せなかった。』
 記事によれば、昨年の6月に12年議論して10案を示す。しかし、『⼯期も最低で45年、最⻑なら200年もかかる。』。議論が目的に思える。結果、時間を無駄にしたことで死体が転がった。

>とはいえ、12年の歳月がありながら対案を示せなかった責任は免れない。
 『対案を示せなかった』とは意味不明。10案出た。しかし、時間を無駄にしたことで死体が転がった。

>規模や工期、事業費などは白紙の状態で、環境影響評価なども含め完成までに10年以上かかるとの見方もある。
 実現可能な対策に10年、議論だけの12年。どちらがよいか明白である。

>ダムも万能ではないと肝に銘ずべきだ。
 11月20日付⽇本経済新聞 朝刊『「脱ダム」10年 実現ならず 川辺川ダム建設を熊本知事容認 治⽔専⽤型、国に要求へ』より、『10⽉には多⽬的の川辺川ダムがあれば、同県⼈吉市の浸⽔範囲が推定で約6割減少すると公表していた。』。
 万能でなくとも6割減なら転がる死体も少なく、住民の財産への被害も少なかったであろう。

>まずは豪雨災害の検証である。
 先ずは、12年もの時間を浪費した議論の検証が必要だ。その上で、豪雨災害検証。
 しかし、それらの検証と同時並行で実行可能な対策を進めるべきである。何しろ議論優先の12年で、死体が転がったのだ。

>丁寧な説明と、多様な声に応じた柔軟な対応が重要だ。
 多様な声の中の一部の住民の声を受けて中止。結果、12年もの歳月が過ぎ人命が奪われた。

●注
 妄想癖のある個人の感想であり、断定的に取れる表現含め、誤読、誤解、誤認、その他も含まれる可能性もある上での感想。これも芸術だ。

| | コメント (0)

« 2020年11月20日 (金) | トップページ | 2020年11月22日 (日) »