« 2020年11月4日(水)付け小説朝日新聞社説『徴用工問題 協議加速し危機回避を』を読んでの感想/今日の朝日社説には、「日韓請求権協定」「国際法違反」の記載がない | トップページ | 2020年11月5日(木)付け小説朝日新聞社説『国産旅客機 挫折の経緯、説明を』を読んでの感想。 »

2020年11月 4日 (水)

2020年11月4日(水)付け小説朝日新聞社説『増える自殺者 救える命、支援重ねて』を読んでの感想。

 2020年11月4日(水)付け小説朝日新聞社説『増える自殺者 救える命、支援重ねて』を読んでの感想。

以下感想
>7月以降、自殺者の数が大幅に増えている。
>警察庁によると、7~9月の自殺者は毎月1800人を超えた。男性が依然多いが、女性は各年代で増加傾向にあり、8月には前年同月比で4割も多い651人が自ら命を絶った。
 警察庁『令和元年中における自殺の状況』https://www.npa.go.jp/safetylife/seianki/jisatsu/R02/R01_jisatuno_joukyou.pdf P4、2015年(H27)、年間24025人、月平均で2002人。2019年(R1)、年間20169人、月平均で1681人。
 10⽉27⽇付けNHK『去年1年間の⾃殺者2万⼈余 過去最少も新型コロナ影響が懸念』より、閣議決定された⾃殺対策⽩書『経済情勢の改善などを理由に、10年連続の減少となり、統計を取り始めた昭和53年以降で、最も少なくなりました。』。

 9月末まで速報値、https://www.npa.go.jp/safetylife/seianki/jisatsu/R02/202009sokuhouti.pdf 総数14974人(月平均1664人)、男10170人、女4804人。月平均で見れば昨年より若干少ない。また、男女間格差が大きい実態は変わらずでもある。

>若年層も気がかりだ。
 全ての年代、男女問わず。
 
>自殺者の数はかつて年間3万人を超えていたが、近年の対策が功を奏して2万人近くにまで減った。
 その理由(分析)は記さず。

>拠点となる事務所の環境整備や相談員を増やすための研修の強化など、やれることはいくつもある。国・自治体は必要な費用を惜しんではならない。
 またも、黙って金だせか。

>メディアも、自殺の連鎖を絶つために世界保健機関が定めた指針を踏まえながら、日々の報道にあたる責任を負う。
 その指針を前提とした厚労省の呼びかけ『著名人の自殺に関する報道は「子どもや若者の自殺を誘発する可能性」があるため、WHO の『自殺報道ガイドライン』を踏まえた報道の徹底をお願いいたします。』 https://www.mhlw.go.jp/content/000672331.pdf。
 『自殺対策を推進するためにメディア関係者に知ってもらいたい基礎知識』https://www.mhlw.go.jp/content/000526937.pdf
 メディア関係者は、耳を傾けるべきであろう

引用、《自殺関連報道として「やるべきでないこと」》
『①報道を過度に繰り返さないこと
②自殺に用いた手段について明確に表現しないこと
③自殺が発生した現場や場所の詳細を伝えないこと
④センセーショナルな見出しを使わないこと
⑤写真、ビデオ映像、デジタルメディアへのリンクなどは用いないこと』
 厚労省を飛び越え、イキナリWHOへ直接通報する人もいるだろう。

 ところで、2017年12月20日キャリコネ『静岡県職員、過去8年で41人自殺という異常な事態 職員労組は「人員不足が大きな原因」と分析』https://news.careerconnection.jp/?p=47496 こんな状態でも原発反対知事だからか?大きく取り上げず。
 10月25日付け産経『【新聞に喝︕】事実とは“真逆”の報道 作家・ジャーナリスト・⾨⽥隆将』https://www.sankei.com/column/news/201025/clm2010250003-n1.html 2ページ目に注目したい。『A、B氏ら野党は近畿財務局に乗り込み、数時間も居座り、押し問答を続けた。』、『民進党のC、D氏が財務省に乗り込み、約1時間、職員をつるし上げている。当該職員の自殺はその翌日の7日だった。』(原文は議員名の記載アリ)。

●注
 妄想癖のある個人の感想であり、断定的に取れる表現含め、誤読、誤解、誤認、その他も含まれる可能性もある上での感想。これも芸術だ。

|

« 2020年11月4日(水)付け小説朝日新聞社説『徴用工問題 協議加速し危機回避を』を読んでの感想/今日の朝日社説には、「日韓請求権協定」「国際法違反」の記載がない | トップページ | 2020年11月5日(木)付け小説朝日新聞社説『国産旅客機 挫折の経緯、説明を』を読んでの感想。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2020年11月4日(水)付け小説朝日新聞社説『徴用工問題 協議加速し危機回避を』を読んでの感想/今日の朝日社説には、「日韓請求権協定」「国際法違反」の記載がない | トップページ | 2020年11月5日(木)付け小説朝日新聞社説『国産旅客機 挫折の経緯、説明を』を読んでの感想。 »