« 2020年11月24日(火)付け小説朝日新聞社説『学術会議問題 進む介入、深まる危機』を読んでの感想 | トップページ | 2020年11月25日(水)付け小説朝日新聞社説『桜を見る会 見逃せぬ首相の矛盾』を読んでの感想。 »

2020年11月24日 (火)

2020年11月24日(火)付け小説朝日新聞社説『75歳医療負担 調和のとれた見直しを』を読んでの感想

 2020年11月24日(火)付け小説朝日新聞社説『75歳医療負担 調和のとれた見直しを』を読んでの感想。

以下感想
>高齢者の受診の状況や家計への影響などを踏まえた、丁寧な議論が求められる。
 『丁寧な議論』=時間無制限であってはならない。

>こうした中、政府は昨年末、負担能力のある一定所得以上の人は窓口負担を2割に引き上げる方針を表明。どこで線引きするかの議論が続いている。
 朝日社説としては、『どこで線引きするか』、明確にするべきであろう。後出しジャンケン批判と言われない為にも。

>こうした実態も忘れるべきではない。
 年収が少なくとも現金資産が多い場合もあろう。よって、マイナンバーと銀行口座を紐づけ、負担額を決めた方が『調和のとれた見直し』と言えよう。

>全世代型社会保障のめざす方向を踏まえつつ、現実的な負担のあり方を探りたい。
 と主張しつつも、『現実的な負担のあり方』を示さず。
 高齢者は、一律ベーシックインカム(その金額の中で年金、医療費込み)とする方向もあるだろう。同時に行政手続きの簡素化を図る。


●注
 妄想癖のある個人の感想であり、断定的に取れる表現含め、誤読、誤解、誤認、その他も含まれる可能性もある上での感想。これも芸術だ。

|

« 2020年11月24日(火)付け小説朝日新聞社説『学術会議問題 進む介入、深まる危機』を読んでの感想 | トップページ | 2020年11月25日(水)付け小説朝日新聞社説『桜を見る会 見逃せぬ首相の矛盾』を読んでの感想。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2020年11月24日(火)付け小説朝日新聞社説『学術会議問題 進む介入、深まる危機』を読んでの感想 | トップページ | 2020年11月25日(水)付け小説朝日新聞社説『桜を見る会 見逃せぬ首相の矛盾』を読んでの感想。 »