« 2020年11月27日(金)付け小説朝日新聞社説『中国外相来日 懸案めぐる対話深化を』を読んでの感想/もはやお約束の忖度か | トップページ | 2020年11月28日(土)付け小説朝日新聞社説『コロナ第3波 医療現場に支援手厚く』を読んでの感想。 »

2020年11月27日 (金)

2020年11月27日(金)付け小説朝日新聞社説『議員処分判決 司法の役割 再考の機に』を読んでの感想。

 2020年11月27日(金)付け小説朝日新聞社説『議員処分判決 司法の役割 再考の機に』を読んでの感想。

以下感想。
 何故か、通称びろーん、ハタと呼ばれる判決等即報用手持幡の写真まで掲載している朝日社説。実に異例だ。

>司法権は及ばないとしていた1960年の判例を60年ぶりに変更した。
>そこに道を開いた妥当な判決と評価したい。
 法律の解釈変更に賛同する朝日社説傀儡一味。

>裁判は、4年前に議会での発言を多数会派から批判され、23日間の出席停止となった
宮城県岩沼市の元市議が起こした。
 どのような発言をしたのか不明の朝日社説。
2020年11月25日付け時事通『議員出席停止「裁判の対象」 60年ぶり判例変更―岩沼市の上告棄却・最高裁』https://www.jiji.com/jc/article?k=2020112500922&g=soc『原告の元市議は2016年6月の議会運営委員会で、陳謝処分となった議員をかばい、「(陳謝文で)読み上げられた中身は真実とは限らない」などと発言したことを理由に、9月定例会の全会期23日間の出席停止処分』
 岩沼市の市議会便り(2016年9月号)、http://www.gikai-iwanuma.jp/dayori/PDF/28_9/P10.pdf 同氏は、この時点で4度目の懲罰動議が提出された。過去、2012年陳謝及び出席停止、2013年陳謝の懲罰などがあったようだ。この点の記載のない朝日社説。隠したことなのだろう。

>~最高裁は学問、信教、結社の自由を踏まえ、単位認定や教義、除名処分などをめぐる争いには、司法は基本的に介入できないと判断してきた。
 介入容認と取れる朝日社説。しかし、その時のご都合で憲法ガーとなることは容易に想像が付く。
 ただ、今回は、学問、信教、結社でもない。選挙で選ばれた議会の議員が議論の上決めたことである。議会軽視になりかねない。


●注
 妄想癖のある個人の感想であり、断定的に取れる表現含め、誤読、誤解、誤認、その他も含まれる可能性もある上での感想。これも芸術だ。

|

« 2020年11月27日(金)付け小説朝日新聞社説『中国外相来日 懸案めぐる対話深化を』を読んでの感想/もはやお約束の忖度か | トップページ | 2020年11月28日(土)付け小説朝日新聞社説『コロナ第3波 医療現場に支援手厚く』を読んでの感想。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2020年11月27日(金)付け小説朝日新聞社説『中国外相来日 懸案めぐる対話深化を』を読んでの感想/もはやお約束の忖度か | トップページ | 2020年11月28日(土)付け小説朝日新聞社説『コロナ第3波 医療現場に支援手厚く』を読んでの感想。 »