« 2020年11月6日(金)付け小説朝日新聞社説『米大統領選 粛々と公正な集計を』を読んでの感想/その前に1名1票の原則が守られたのか?の証明が必要だ | トップページ | 2020年11月7日(土)付け小説朝日新聞社説『学術会議問題 6人を任命し出直せ』を読んでの感想/問題が出れば、政府の任命責任、管理責任 »

2020年11月 6日 (金)

2020年11月6日(金)付け小説朝日新聞社説『津波に備える 事前復興の考え深めて』を読んでの感想

 2020年11月6日(金)付け小説朝日新聞社説『津波に備える 事前復興の考え深めて』を読んでの感想。

以下感想
 4/14から8/2まで、尖閣周辺に中国船が111日連続で航行した。
 そして、11/2には、NHK『尖閣沖の接続⽔域航⾏が最多に』より、『ことし、中国当局の船が尖閣諸島沖合の接続⽔域を航⾏した⽇数は、2⽇で283⽇にのぼり、去年の282⽇を更新して、平成20年に統計を取り始めて以来、最も多くなりました。』
 更に、11/4付け共同『中国、海上警備に武器使⽤へ 尖閣周辺など、⽇本漁船も対象か』より『海上警備を担う中国海警局の権限を定める海警法草案の全⽂を公表した』、11/5付けNHK『中国海警に武器使⽤認める法律案』より、『外国の船舶が、中国の管轄する海域で違法に活動し、停船命令などに従わない場合は、武器を使⽤できる』、『海警局は、尖閣諸島の沖合で⽇本の領海への侵⼊を繰り返し、⽇本の漁船を追尾する動きも⾒せています。』。
 これほど大きな問題にも関わらず、何故か朝日新聞は正面からの社説を未だに掲載していない。何か都合が悪いのだろうか。
 昨日は、三菱重工のスペースジェット『国産旅客機 挫折の経緯、説明を』なんて社説を掲載していたが、「尖閣問題」より優先順位が高い問題と判断したとも取れる。

>日本の提唱で国連が制定した「世界津波の日」だったきのう5日も、
 津波は人命に関わるので重要と言えば重要だが、どうしても今日掲載する理由はあるのか?と思ったが、これが朝日社説傀儡一味の掲載理由なのだろう。

>被災する前から復興計画を準備しておこうという試みで、いざという時に混乱を最小限に抑え、復旧・復興を進めやすい。
 『復興』が不要な街づくりこそ、安全・安心である。ゼロは無理でも震度7が5あるいは4以下の被害で済む状態が望ましい。

>新型コロナの感染状況を見極めたうえで、住民への説明を本格化させる。
 『世界津波の日』と記載はあるが、国連が『世界津波の日』に合わせて発表した指針については記載がない。何処かズレた印象を受ける朝日社説。
 11/5付けNHK『「世界津波の⽇」国連がコロナ感染拡⼤踏まえた津波対策指針』より、『災害時、多くの学校が避難所として利⽤されることから、マスクや消毒液を⼗分に備蓄するほか、避難所を運営する際には、避難者の体調管理を徹底し、感染が疑われる避難者については速やかに隔離し接触者の追跡調査を⾏うよう求めています』。

>一方で住居移転のハードルは高い。東日本大震災後には集落の移転に国の防災集団移転促進事業が使われたが、被災前の適用例はない。
 コンパクトシティー化の動きの中で、小さい集落などはその気になれば可能と思える。

>私有財産である住宅への公費投入にはかねて異論があり、
 移転ではなく、今の家を何とかしたい場合、公費云々の前に、建築基準法で狭い路地の多い住宅街では、建て替え、改築でセットバックに引っ掛かり動きが取れない場合もある。

●注
 妄想癖のある個人の感想であり、断定的に取れる表現含め、誤読、誤解、誤認、その他も含まれる可能性もある上での感想。これも芸術だ。

|

« 2020年11月6日(金)付け小説朝日新聞社説『米大統領選 粛々と公正な集計を』を読んでの感想/その前に1名1票の原則が守られたのか?の証明が必要だ | トップページ | 2020年11月7日(土)付け小説朝日新聞社説『学術会議問題 6人を任命し出直せ』を読んでの感想/問題が出れば、政府の任命責任、管理責任 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2020年11月6日(金)付け小説朝日新聞社説『米大統領選 粛々と公正な集計を』を読んでの感想/その前に1名1票の原則が守られたのか?の証明が必要だ | トップページ | 2020年11月7日(土)付け小説朝日新聞社説『学術会議問題 6人を任命し出直せ』を読んでの感想/問題が出れば、政府の任命責任、管理責任 »