« 2020年11月20日(金)付け小説朝日新聞社説『森友国会調査 解明への歩み止めるな』を読んでの感想 | トップページ | 2020年11月21日(土)付け小説朝日新聞社説『川辺川にダム 多様な対策を怠るな』を読んでの感想/議論だけに終わった12年を検証すべき »

2020年11月20日 (金)

2020年11月20日(金)付け小説朝日新聞社説『コロナと五輪 会長来日 残った違和感』を読んでの感想/年中違和感の朝日社説

 2020年11月20日(金)付け小説朝日新聞社説『コロナと五輪 会長来日 残った違和感』を読んでの感想。

以下感想
>残ったのは言いようのない違和感であり、一般の感覚との大きなズレだ。
 11月17日付けZAKZAK『都庁前に五輪反対派デモ バッハ会長が自ら歩み寄るも対話にならず「マイクで叫ぶだけ。それだけだった」』https://www.zakzak.co.jp/spo/news/201117/spn2011170005-n1.html バッハ会長『~対話を求めていたのではなく、マイクを通して叫ぶだけだった。それだけだった。その人と対話できるだろうか。対話できないと思った」とあきれていた。』
 騒いでいるいる人たちは、どうやら「叫ぶこと」が目的。一般的には、そんな人たちに違和感を感じるであろう。煽ることが目的の人たちと近いような気がする。

>~引き返したり軌道修正したりするのが難しくなる。
 様々な政策について、潰したい人たちの常套句に思える今日この頃。

>だがワクチンは、いつ、どんな品質のものが、どの程度確保できるか、見通しは立っていない。
 少なくとも量的な確保の見通しは出ているが、主張に都合が悪いので隠したいようだ。
 11月19日付け⽇本経済新聞 ⼣刊『ワクチン年内にも供給 ファイザー、⽶当局に許可申請へ』、春には供給。
 11月19日付けロイター『モデルナ治験成功、ワクチン⼤量供給で途上国にも恩恵』より、『モデルナだけでも、来年中に5億─10億回分を⽣産する⾒通し』、『(ファイザー)来年最⼤で13億回分を⽣産すると⾒込んでおり、他のほぼ全ての⼤⼿製薬会社も⼤規模⽣産態勢に⼊っている。』。

>延期に伴う追加費用の負担問題も決着していない。
 議論で済む問題。

>海外からの観客への対応では、国が「入国後の待機期間は設けず、公共交通機関の利用も認める」との案を示した。
 議論中の一部を切り取り不安を煽る手口に思える。
 11⽉17⽇付けNHK『東京五輪 観客受け⼊れ想定 具体的な感染対策の検討加速の⽅針』より、『政府は、観客の受け⼊れにあたって、国内外の感染状況を踏まえながら、外国⼈観客の⾏動や健康を管理し、感染の疑いがある場合は速やかに把握できる仕組みを整備するなど、今後、具体的な感染対策の検討を加速させる⽅針です。』。
 更に、客数(動員数)については、議論中。11⽉18⽇付けNHK『橋本五輪相 「開催は決定 観客数の上限決める」感染対策加速へ』。

>開催への理解と共感を広げるためには、答えを出さなければならない課題が山積している。
 中止の方向へ煽りに煽り、その世論誘導に成功すれば国内では倒閣利用に使え、次の五輪開催地である中国様への忖度につながる。

●注
 妄想癖のある個人の感想であり、断定的に取れる表現含め、誤読、誤解、誤認、その他も含まれる可能性もある上での感想。これも芸術だ。

|

« 2020年11月20日(金)付け小説朝日新聞社説『森友国会調査 解明への歩み止めるな』を読んでの感想 | トップページ | 2020年11月21日(土)付け小説朝日新聞社説『川辺川にダム 多様な対策を怠るな』を読んでの感想/議論だけに終わった12年を検証すべき »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2020年11月20日(金)付け小説朝日新聞社説『森友国会調査 解明への歩み止めるな』を読んでの感想 | トップページ | 2020年11月21日(土)付け小説朝日新聞社説『川辺川にダム 多様な対策を怠るな』を読んでの感想/議論だけに終わった12年を検証すべき »