« 2020年11月21日(土)付け小説朝日新聞社説『生殖医療と法 残る課題、解決に道を』を読んでの感想 | トップページ | 2020年11月23日(月)付け小説朝日新聞社説『多国間外交 国際協調の基盤として』を読んでの感想。 »

2020年11月22日 (日)

2020年11月22日(日)付け小説朝日新聞社説『コロナと政権 対話不足が招いた混迷』を読んでの感想

 2020年11月22日(日)付け小説朝日新聞社説『コロナと政権 対話不足が招いた混迷』を読んでの感想。

 

以下感想
・ クラブツーリズムの広告、https://www.club-t.com/newspaper/kanto/japan/
 昨日21日は近畿行を掲載、明日23日は九州、沖縄、参院、東北行きを掲載予定。
・阪急交通社の広告、https://www.hankyu-travel.com/newspaper_ad/tyo-d
 11月15日掲載。
・HISの広告、https://www.his-j.com/theme/media/kansai/kokunai.html
 こちらも複数のようだ。
・JTBの広告、https://www.jtb.co.jp/med/newspaper/domestic/
 11月14日掲載では、三陸、伊東温泉、軽井沢など。

 

>中川俊男日本医師会長は11日に「第3波」の到来に言及し、
11/18付けヤフー(朝日)『コロナ急増、Gotoトラベルが「きっかけ」 日本医師会長』っより、『「『Go To トラベル』自体から感染者が急増したというエビデンス(根拠)はなかなかはっきりしないが、きっかけになったことは間違いないと私は思っている。感染者が増えたタイミングを考えると関与は十分しているだろう」と話した。』
 3年ほど前に『「エビデンス? ねーよそんなもん」と開き直る』新聞社の記者が話題になったことを思い出す。

 

>~分科会の尾身茂会長も強い危機感を表明した。
 時間軸を明確にしない朝日社説。
 令和2年11月13日付け官邸『新型コロナウイルスの感染状況等についての会見』https://www.kantei.go.jp/jp/99_suga/statement/2020/1113kaiken.html より、『緊急事態宣言やGoToキャンペーンの見直しについては、専門家も現時点においてそのような状況にはないという認識を示していることは承知しております。』
 11月21日付け官邸『新型コロナウイルスの感染症対策等についての会見』https://www.kantei.go.jp/jp/99_suga/statement/2020/1121kaiken.html『昨日、専門家会議から、提案を提出いただいたこのタイミングで、本日、対策本部を開催し、私からそれぞれの閣僚に感染対策を指示いたしました。』

 

>西村康稔担当相からは、キャンペーンを利用するかどうかは「国民の皆さんの判断だ」と、開き直ったような発言も飛び出した。
 利用は、政府の強制ではないので『国民の皆さんの判断だ』は当然のこと。
 かつて次の主張をした朝日社説、2020年1月25日付け『新型肺炎 教訓いかし封じ込めよ』より、『個人の取り組みも問われる。』。個人の判断は含まれないのか??
 私の見落としがあるかも知れないが、当時コロナに関しての各紙の社説は次の通り。
 東京:1月17日、産経:1月18日、毎日:1月18日、日経:1月18日、読売:1月22日、日経:1月23日、東京:1月23日、毎日:1月24日(東京、産経、毎日は2回)。
 一夜漬け社説の異名もある?朝日社説が各紙に遅れてようやく1月25日付けに掲載。中国に遠慮か?

 

>経済を支える大切さは多くの人が理解するところだ。
 だから、朝日は広告を掲載してもよいと言いたいのだろう。

 

>~政権への不信を深めた。
 と言う願望と解釈する。
 一方、これ以上不信を深めようがないどん底状態の一部メディア。

 

>説明を嫌い、木で鼻をくくる答弁を繰り返す菅政権になって、むしろその病は深くなっている感がある。
 とは、朝日新聞社説傀儡一味の病の深さ。
最近の首相のコロナ関連の会見、
21日、https://www.kantei.go.jp/jp/99_suga/statement/2020/1121kaiken.html
21日、https://www.kantei.go.jp/jp/99_suga/actions/202011/21corona.html
19日、https://www.kantei.go.jp/jp/99_suga/statement/2020/1119kaiken.html
13日、https://www.kantei.go.jp/jp/99_suga/statement/2020/1113kaiken.html

 

>この先、入院先を確保しても感染拡大のペースに追いつかないとの声もある。
 それは何処のことか?記載がない。書くと都合が悪いのか?

 

>気温が下がり、乾燥する季節を迎え、これまでとはまた違った対策が求められているのかもしれない。
 2度目の冬だ。

 

>幅広く検査を行い、感染者を早期に把握できる態勢づくりが欠かせない。
 検査は100%確かなものではない。
 一例、2020年11⽉13⽇ 付けロイター『⽶テスラCEO、コロナ検査4回受ける 結果は陽性と陰性が半々』https://jp.reuters.com/article/health-coronavirus-musk-idJPKBN27T0SP より、『同氏のツイッターの投稿によると、「同じ器材、同じ検査、同じ看護師」だったにもかかわらず、結果は陽性と陰性が半々となった。』。※ブルームバーグの『1日4回検査で陰性陽性2回ずつ、「いいかげん」だとマスク氏』https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-11-13/QJQ1I7T1UM0X01では、検査の種類の記載がない。ロイター記事によれば「BDの迅速抗原検査」。
 2020年11月1日付けスポニチ『内村航平 コロナ「偽陽性」だった…30日に3カ所でPCR検査受け、全て陰性』https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2020/11/01/kiji/20201031s00067000679000c.html『28日にPCR検査を受け、29日に陽性と判定されたとFIGが公表。しかし、30日に3カ所でPCR検査を受けたところ、全ての検査結果が陰性だった。』。PCRも当てにならない。
 
 兵庫県保険医協会PCR 検査を増やすべきとの議論 ーその前提ーhttp://www.hhk.jp/gyouji/2020/10/27/no29_kouryukai_C-5.pdf

※午後追記

 メモ、

 2020年10月24日付けMEDIA KOKUSYO『「押し紙」と折込広告の水増しを柱とした新聞社のビジネスモデルそのものが公序良俗違反』

http://www.kokusyo.jp/ウェブマガジン/15703/ 、2020年10月26日付けMEDIA KOKUSYO『新聞業界--公序良俗違反のデパート、残紙、ABC部数の改ざん、技能研修性の使用』
http://www.kokusyo.jp/oshigami/15707/ ー>『押し紙』って公序良俗違反だったのか。

●注
 妄想癖のある個人の感想であり、断定的に取れる表現含め、誤読、誤解、誤認、その他も含まれる可能性もある上での感想。これも芸術だ。

 

|

« 2020年11月21日(土)付け小説朝日新聞社説『生殖医療と法 残る課題、解決に道を』を読んでの感想 | トップページ | 2020年11月23日(月)付け小説朝日新聞社説『多国間外交 国際協調の基盤として』を読んでの感想。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2020年11月21日(土)付け小説朝日新聞社説『生殖医療と法 残る課題、解決に道を』を読んでの感想 | トップページ | 2020年11月23日(月)付け小説朝日新聞社説『多国間外交 国際協調の基盤として』を読んでの感想。 »