« 2020年11月5日(木)付け小説朝日新聞社説『国産旅客機 挫折の経緯、説明を』を読んでの感想。 | トップページ | 2020年11月6日(金)付け小説朝日新聞社説『米大統領選 粛々と公正な集計を』を読んでの感想/その前に1名1票の原則が守られたのか?の証明が必要だ »

2020年11月 5日 (木)

2020年11月5日(木)付け小説朝日新聞社説『緊急避妊薬 女性を尊重する視点で』を読んでの感想

 2020年11月5日(木)付け小説朝日新聞社説『緊急避妊薬 女性を尊重する視点で』を読んでの感想。

以下感想
 令和 2 年 9 ⽉ 5 ⽇ 付け日本産婦人科学会『緊急避妊薬のオンライン診療についてのお知らせ 』
http://www.jsog.or.jp/news/pdf/20200907_whc.pdf
 コロナに伴い解禁となったが、その継続を求める記載のない朝日社説。

>望まない妊娠を防ぎ、女性の人権を守ることにつながる。
 だが、100%防ぐものではない。性感染症の予防につながらない。また、一時的には副作用として気持ち悪くなることもあるとされる(日本家族計画協会『緊急避妊Q&A』https://www.jfpa.or.jp/women/emergency.html)。朝日社説では、後出しで副作用以外は記載がある。
 
>服用が早いほど効果があるのに、近くに適当な病院がない、夜間や休日で診察を受けられないなど、実際に薬を手にするまでに高い壁があることを、市民団体などが以前から指摘している。
 『行政が関与する性犯罪・性暴力被害者のためのワンストップ支援センター(一覧)』
http://www.gender.go.jp/policy/no_violence/avjk/pdf/one_stop.pdf に相談する手段もある。1県1カ所、都道府県によっては24時間365日の対応を行っている。
 厚労省、『緊急避妊にかかる対面診療が可能な産婦人科医療機関等の一覧(令和2年4月6日時点)』https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000186912_00002.html

>警察や支援センターに相談して早期に処方を受けるルートはあるが、心身に傷を負った女性が、直ちにそうした機関に連絡をとれるとは限らない。
 ここでの『支援センター』とは上記の行政が関与するセンターなのか?、民間のセンターなのか?不明。『そうした機関に連絡をとれるとは限らない。』ならば、「薬を買いに行けるとは限らない」場合もあろう。

>予期しない妊娠がもたらすダメージは女性に偏る。18年度の人工妊娠中絶件数は16万件で、10~20代が半数を占めた。
 その年代において、性犯罪・性暴力被害以外で、避妊なしに行為を行えば妊娠する可能性はある。故に『予期しない妊娠』にカウントする統計手法には疑問だ。

>ただし、薬局で販売できるようになっても、薬剤師の関与と指導は欠かせない。
 心身に傷を負った女性が、直ちにそうした人の指導を受けられるのだろうか。

>状況に応じて専門家の診断や助言を仰ぐ必要がある。
 その間に『72時間以内』の貴重な時間が減る可能性もある。

>そのためにも、他の先進諸国に比べて遅れが目立つ性教育の充実に力を入れなければならない。
 学校で、性教育の充実に力を入れる為には、先ずはわいせつ教員検索の充実、教員免許を再取得するまでの期間の延長が必須であろう。
 幸い、9月16日⽇本経済新聞 朝刊『わいせつ教員検索、40年分に延⻑』によれば、『⽂部科学省は15⽇、児童⽣徒へのわいせつ⾏為などで懲戒免職となった教員のデータを検索できるシステムについて、閲覧可能期間を現⾏の3年から40年に延⻑すると発表した。わいせつ⾏為で処分される教員の増加を踏まえ、処分歴を隠して採⽤されるのを防ぐ。』、『法改正で教員免許を再取得するまでの期間を3年から5年に延ばすことも検討している。』
 閲覧可能期間は確定だが、再取得するまでの期間の延長も直ちに実施すべきであろう。

 9月15日付けポストセブン『わいせつ教師が後を絶たないワケ 2か月で4回逮捕された男も』https://www.news-postseven.com/archives/20200915_1595055.html?DETAIL より、『栃木県の那須烏山市の公立中学校で2年生の担任をしていた29歳の男のケースである。この男、わいせつ関連で6月から7月にかけ、なんと4回も逮捕されたのだ。』、その前には『2017年から2020年1月にかけて男が相手にしたのは、あわせて3人の少女。みだらな行為をして、その様子をスマホで撮影していたという。』。


●注
 妄想癖のある個人の感想であり、断定的に取れる表現含め、誤読、誤解、誤認、その他も含まれる可能性もある上での感想。これも芸術だ。

|

« 2020年11月5日(木)付け小説朝日新聞社説『国産旅客機 挫折の経緯、説明を』を読んでの感想。 | トップページ | 2020年11月6日(金)付け小説朝日新聞社説『米大統領選 粛々と公正な集計を』を読んでの感想/その前に1名1票の原則が守られたのか?の証明が必要だ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2020年11月5日(木)付け小説朝日新聞社説『国産旅客機 挫折の経緯、説明を』を読んでの感想。 | トップページ | 2020年11月6日(金)付け小説朝日新聞社説『米大統領選 粛々と公正な集計を』を読んでの感想/その前に1名1票の原則が守られたのか?の証明が必要だ »