« 2021年1月11日(月)付け小説朝日新聞社説『北朝鮮党大会 対話には自制が必要だ』を読んでの感想。 | トップページ | 2021年1月12日(火)付け小説朝日新聞社説『変異ウイルス 流行を想定して備えよ』を読んでの感想。 »

2021年1月11日 (月)

2021年1月11日(月)付け小説朝日新聞社説『成人の日 コロナ禍でも前向いて』を読んでの感想

 2021年1月11日(月)付け小説朝日新聞社説『成人の日 コロナ禍でも前向いて』を読んでの感想。

以下感想。
>でも、ずっと下を向いていても始まらない。
 本音は「ずっと下を向いて欲しい」ではないのか?

>今回の事態に大人たちは戸惑い、対応も随所で的確さを欠いた。
 『的確さを欠いた。』とは、不安を全面に出して煽りに煽る一部メディアと思える状態が継続中。

>例えば危機を乗り越える策の一つとして、デジタル化の推進が提唱されている。だが中高年には心もとない。
 十羽一絡げの『中高年』差別思想が見える。数年前、「世界最高齢プログラマー」が話題になったこともある。音響カプラが標準の時代から通信を継続している人もいる。

>19年に内閣府が発表した先進7カ国の調査結果では、日本の若者は社会への満足度が40%を切る。また「私の参加により、変えてほしい社会現象が少し変えられるかもしれない」と答えた率は32・5%と、他国に大きく水をあけられて最低だった。
 2019年12月21日付⽇本経済新聞 朝刊『「韓国に親しみ」過去最低の26% 内閣府調査、12ポイント減少』よりは、何れも高い。

 19年に内閣府が発表とは『我が国と諸外国の若者の意識に関する調査 (平成30年度)』https://www8.cao.go.jp/youth/kenkyu/ishiki/h30/pdf-index.htmlのことか?単純集計表は、https://www8.cao.go.jp/youth/kenkyu/ishiki/h30/pdf/s4.pdf
 『私の参加により,変えてほしい社会現象が少し変えられるかもしれない』、『そう思う』日本8.5%、韓国16.8%、米国32.5%、英国20.8%、ドイツ18.1%、フランス17.5%、スウェーデン16.5%。『どちらかといえばそう思う』日本24%、韓国30.5%、米国30.6%、英国34.1%、ドイツ33%、フランス33.1%、スウェーデン30.4%。日本以外は『そう思う』と『どちらかといえばそう思う』を足して50%程度。
 一方、『私個人の力では政府の決定に影響を与えられない』を見ると、日本と他国に大差ない(スウェーデンは低めか)。『そう思う』日本25.7%、韓国23.5%、米国25.4%、英国25.8%、ドイツ23.5%、フランス27.8%、スウェーデン17.6%。『どちらかといえばそう思う』日本32.7%、韓国29.7%、米国29.4%、英国33.8%、ドイツ33.8%、フランス33.4%、スウェーデン23.5%。
 日常的に重要な『困っている人を見たら,頼まれなくても助けてあげるべきだ』は日本は低い。『そう思う』、日本21.7%、韓国23.6%、米国52%、英国42.4%、ドイツ39.1%、フランス33.7%、スウェーデン31.7%。『どちらかといえばそう思う』日本46.6%、韓国41.1%、米国32.3%、英国38.6%、ドイツ40.2%、フランス41.7%、スウェーデン39.3%。
 但し、調査結果と現実の行動が一致とは限らない。59もの質問。冒頭の(Gender)F1 Please indicate your gender. (SA)、1) Male、2) Femaleの二択でブチ切れた人もいるかも知れない。

>校則や給食の献立づくりなどに意見が反映された経験が少なく、参加することや決めることに現実感を持てない姿を映していると専門家は見る。
 『校則や給食の献立づくりなどに意見が反映された経験が少なく、』は、他の意見に耳を傾けない教育ムラの問題。

●注
 妄想癖のある個人の感想であり、断定的に取れる表現含め、誤読、誤解、誤認、その他も含まれる可能性もある上での感想。これも芸術だ。

|

« 2021年1月11日(月)付け小説朝日新聞社説『北朝鮮党大会 対話には自制が必要だ』を読んでの感想。 | トップページ | 2021年1月12日(火)付け小説朝日新聞社説『変異ウイルス 流行を想定して備えよ』を読んでの感想。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2021年1月11日(月)付け小説朝日新聞社説『北朝鮮党大会 対話には自制が必要だ』を読んでの感想。 | トップページ | 2021年1月12日(火)付け小説朝日新聞社説『変異ウイルス 流行を想定して備えよ』を読んでの感想。 »