« 2021年2月23日 (火) | トップページ | 2021年2月25日 (木) »

2021年2月24日 (水)の2件の投稿

2021年2月24日 (水)

2021年2月24日(水)付け小説朝日新聞社説『ミャンマー 国軍の退場が民意だ』を読んでの感想

 2021年2月24日(水)付け小説朝日新聞社説『ミャンマー 国軍の退場が民意だ』を読んでの感想。

以下感想。
>ただちに市民への暴力をやめ、民主的な政権が統治する正常な姿に戻すよう強く求める。
 勇ましい。

>クーデターで国軍が権力を握ったミャンマーで、市民のデモが広がっている。
 その市民の中国に対する声の記載がない朝日社説。
 2021年2⽉11⽇付けロイター『ミャンマー、デモ隊が中国⼤使館で抗議活動 「国軍⽀
援」と⾮難』https://jp.reuters.com/article/myanmar-politics-china-idJPKBN2AB0L0
 2021年2月18日付⽇本経済新聞 朝刊『ミャンマー政変3 「中国は友好的な隣国だ」』より、『1⽇の政変後、ミャンマー最⼤の都市ヤンゴンの同⼤使館前では連⽇のように、多数の市⺠らが抗議の声をあげてきた。「国軍を⽀持するな」「内政⼲渉をやめろ」――。』
 2021年2月18日⽇本経済新聞 電⼦版『[FT]ミャンマー抗議デモ、中国にも批判の⽭先』より、『抗議活動の参加者は、中国政府を⾮難する⽂⾔や、習近平(シー・ジンピン)国家主席が国軍トップのミン・アウン・フライン総司令官の⼈形を⽷で操るイラストが⼊ったプラカードを⼿に、最⼤都市ヤンゴンにある中国⼤使館前にこの1週間ほど集結している。』

>冷徹で非道な態度であり、断じて容認できない。
 ミャンマー国軍は、朝日社説は読んでいないであろう。

>国際社会は批判を強めている。米国は国軍幹部らに資産凍結などの制裁を科した。米英仏独の外相は共同声明で即時の民政復帰を求めた。ミャンマーへの主要な投資国である
シンガポールも「言い訳できない行為だ」と指弾している。
 EUは、ミャンマー制裁(開発援助を⼀部保留)で合意(2021年2⽉23⽇付けAFP『EU、対ロシア・ミャンマー制裁で合意』)。

>国軍が真に国家の安定と繁栄を願うなら、スーチー氏らを解放し、武力で奪った権力を手放すしかない。
 朝日社説は、後ろ向きの中ロを問題視しないのか?2021年2月18日 ⽇本経済新聞 電⼦版『[FT]ミャンマー抗議デモ、中国にも批判の⽭先』より、『ロシアと中国は拘束者の解放を求める国連⼈権理事会の決議にも⽀持を表明したが、後にこの決議には関わらない考えを⽰した。』。
 
>日本は外務省報道官が「強く非難する」との談話を出したが、手ぬるい。
 しかし、『ミャンマー国軍に毅然(きぜん)と向き合うときである。』と記載はあるが、「制裁しろ」とは明言せず。制裁すれば、厳しすぎるのではないか、日本は対話による民主化促進を重んじてきたではないかと批判する予感。
 2021年2⽉13⽇付けNHK『ミャンマー デモ隊 ⽇本⼤使館の前に集まり軍への圧⼒求める』より、『ミャンマーでのクーデターをめぐり、アメリカが軍への制裁を発表したことを受けて、デモ隊は最⼤都市ヤンゴンにある⽇本⼤使館の前にも集まり⽇本政府も圧⼒を強めるよう求めました。』

 今日も何故か中国への批判を抑える朝日社説であった。
 ウイグルジェノサイド問題、尖閣問題といい。

●注
 妄想癖のある個人の感想であり、断定的に取れる表現含め、誤読、誤解、誤認、その他も含まれる可能性もある上での感想。これも芸術だ。

| | コメント (0)

2021年2月24日(水)付け小説朝日新聞社説『コロナ変異株 監視と封じ込め強化を』を読んでの感想

 2021年2月24日(水)付け小説朝日新聞社説『コロナ変異株 監視と封じ込め強化を』を読んでの感想。

 

以下感想。
 2021年1月22日発表日本感染症学会『【重要】変異「種」の誤用について(報道機関 各位)』https://www.kansensho.or.jp/modules/news/index.php?content_id=221 『国内の報道においては、変異“種”という表現が一部報道機関で統一して用いられているようですが、これは学術的には誤用となりますので、今後は変異“株”と正しく表記していただきたくお願い申し上げます。』、『外部専門家からのご指摘を受けて検討した結果、変異ウイルスも許容範囲といたします。(2021年1月29日)』

 

>空港検疫で昨年末に初めて確認された新型コロナの変異ウイルス(変異株)が、その後、国内でも広がりを見せている。
 変異株は国外から入ってくる”だけ”とは限らない。内製もあり得る。よって、入れない、出さない為には鎖国相当が望ましい面もある。

 

>クラスター(感染者集団)も複数発生し、株の種類も増えている。
 言われなくとも多様性の高いウイルス。2021年2月19日付⽇本経済新聞 朝刊『新たな変異型90件超
ワクチン効果に影響も』。

 

>変異株は感染力が強いといわれる。
 この朝日社説の見解は、どこの見解なのか??。国⽴感染症研究所とは異なる。2021年2月19日付⽇本経済新聞 朝刊『新たな変異型90件超ワクチン効果に影響も』より、『感染研は「感染⼒が強まっているという懸念は今のところない」としているが、今後の監視が⼀層重要になる。』

 

>だが甘い認識は禁物だ。
 と不安を煽る。

 

>昨年末に変異株がいち早く流行した英国では、政府が外出禁止などの厳しい対策をとり、感染者を減少方向に転じさせた。
 2020年12月20日には、3度目のロックダウンの英国ロンドン。2020年12⽉20⽇付けNHK『コロナ ロンドンなど外出制限へ “変異ウイルスで感染急拡⼤”』より、『クリスマス直前の決定に、野党などからは遅すぎるという声もあがっています。』。野党による「後手の声」は英国にもあった。
 2020年12⽉21⽇付けNHK『イギリス コロナ拡⼤で外出制限“変異ウイルス” 周辺国も対応』より、『ハンコック保健相は20⽇、地元テレビの番組で、「変異型のウイルスを制御できなくなった」と述べ、厳しい対策への理解を求めました。』。正直な大臣。
 ロックダウンはしたが、英国として流出を抑えることは弱かった。2021年2⽉3⽇付けNHK『英で最初に報告の変異ウイルス 75の国や地域で確認 WHO』で拡散の現実。

 

>民間の検査で陽性が判明したなかに、変異株がどの程度あるのかも定かではない。何とも心もとない。
 と不安を煽るが、現状の実効再生産数などの記載は一切ない朝日社説。自らは知っているから、不安なしか。

 

>~慎重に見極めることが不可欠だ。
 緊急事態宣言の解除要請をした⼤阪 兵庫 京都 3府県知事の見解の記載なし。朝日新聞社説傀儡一味のボヤキに留まる。

 

>専門家からは、これに確実に対応するためには、感染者数を十分に減らしておくことが大切との見解が示された。
 専門家でなくとも出せるような見解を選んで掲載する朝日社説。専門家を貶めたい意図でもあるのだろうか。

 

>大学や大学病院、研究機関の人材や施設をもっと活用することはできないか。
 主張に都合の良い『見解』を得られやすくしたいってことか。過去には「査読前」の論文を「査読前」の記載なしに記事にした新聞社があったことを思い出す。

 

 

●注
 妄想癖のある個人の感想であり、断定的に取れる表現含め、誤読、誤解、誤認、その他も含まれる可能性もある上での感想。これも芸術だ。

 

| | コメント (0)

« 2021年2月23日 (火) | トップページ | 2021年2月25日 (木) »