« 2021年3月 1日 (月) | トップページ | 2021年3月 3日 (水) »

2021年3月 2日 (火)の2件の投稿

2021年3月 2日 (火)

2021年3月2日(火)付け小説朝日新聞社説『柔道パワハラ 山下会長の見識を問う』を読んでの感想。

 2021年3月2日(火)付け小説朝日新聞社説『柔道パワハラ 山下会長の見識を問う』を読んでの感想。

以下感想。
>理事会にも調査結果は示されず、職員らへの説明も行われていないという。
 元ネタは産経か。2021年2月26日付けZAKZAK『全柔連がパワハラ隠蔽か 対象幹部「⾃⼰都合退職」で職員に説明なし、対応は⼭下会⻑に⼀任』より、『全⽇本柔道連盟(全柔連)事務局内で、幹部職員によるパワーハラスメント疑惑が持ち上がり、この幹部職員が今年1⽉に⾃主都合で退職していたことが26⽇、産経新聞の報道で分かった。』

>ところが山下泰裕会長は連盟のコンプライアンス委員会から調査結果の報告を受けながら、懲戒のための手続きを進めず、この幹部の自己都合による退職を認めた。理事会にも調査結果は示されず、職員らへの説明も行われていないという。
 抜いている情報。就業規則に弁明の機会があるが連絡取れずでそれが出来ず。
 2021年2月26日付けNHK『全日本柔道連盟 幹部職員パワハラ疑惑 山下会長退く可能性示唆』より、『一方で、幹部職員は一貫してパワハラを否定していたということです。コンプライアンス委員会は去年11月、調査結果をまとめ山下会長に対応を一任し、山下会長は就業規則に沿って幹部職員の弁明を聞いてから処分するかどうかを判断することにしましたが、去年12月以降、連絡が取れなくなったということです。その後、この幹部職員は先月、自己都合を理由に退職しました。』

>ここでも五輪イメージは大きく傷ついた。
 とアピールしたいってことであろう。ウイグルジェノサイド問題で北京五輪ボイコット論もある今日この頃。

>密室でなければできない議論とは何なのか。
 例えば朝日社説は?録画録音は勿論、議事録の公開もない。しかし、朝日新聞社は民間企業だ。
 一方、東京五輪組織委員会は、公益財団法人だ。
 公益財団法人、東京都登録の例、https://www.tax.metro.tokyo.lg.jp/kazei/kojin_ju/koueki_syadan.pdf 朝日新聞文化財団の名もある。他に、ACジャパン、日本中国友好協会、韓国教育財団、中央日韓協会、日韓文化協会、 日韓文化交流基金がある。
 このヒトタチは、全面公開の議論をしているのだろうか?朝日新聞などメディアには公平中立な対応をしないと不信感が湧くばかりだ。
 少なくとも朝日新聞文化財団は、ネット上、事業報告や財務諸表の公開はしているが、助成の決定までの議事録などは公開していないようだ。『密室』と言わざるを得ない。

>胸に手を当てて考えるべきだ。
 朝日社説のことか?

●注
 妄想癖のある個人の感想であり、断定的に取れる表現含め、誤読、誤解、誤認、その他も含まれる可能性もある上での感想。これも芸術だ。

| | コメント (0)

2021年3月2日(火)付け小説朝日新聞社説『総務官僚接待 幹部留任で深まる不信』を読んでの感想。

 2021年3月2日(火)付け小説朝日新聞社説『総務官僚接待 幹部留任で深まる不信』を読んでの感想。

以下感想。
>総務省の官僚だった時に東北新社から高額接待を受けた~
 総務省は、2001年の中央省庁再編に伴い自治省、郵政省、総務庁が統合。同氏は、旧郵政省。チクりは旧自治省か?、旧総務庁か?。

>体調不良が理由というが、そうでなくても政府広報の責任者が務まる状況ではなく、遅きに失したと言うほかない。
 『体調不良』は、特定野党と特定メディアによるパワハラの印象。

>国民の知る権利や放送の自由とも密接に関わる仕事であり、とうてい納得できない。 『東北新社』だけとは思えない。そろそろ「地上波」の話に期待したいところだが、メディアスクラムで隠し通すとうてい納得できないパターンが予想される。

>昨秋の会議では人工衛星の運用会社に支払う料金などの固定費の重さを訴え、負担軽減を求めている。
 値下げにつながる提案は悪い話ではない。

>一般の目から見て職務執行の公正さに疑問が持たれるのは当然だ。
 やはり、透明性を確保する為に、地上波、BS、CS全てオークションとするべきだ。それも2年一度程度の短期でオークションとすれば、接待があっても無意味になる。

>旧大蔵官僚らの接待汚職を受けてつくられた国家公務員倫理法の目的は
 https://bit.ly/2MAJ4m0 新疆ウイグル自治区の地名を店名に使ったしゃぶしゃぶ店「楼蘭」での接待。
 ウイグルか?ウイグルと言えば、北京五輪ボイコット論も出ているウイグル・ジェノサイド問題について何故かダンマリを続ける朝日社説傀儡一味。

>総務省はNHK改革という重要課題も抱える。
 民業圧迫そのものNHK。広告なし、会員登録なし、事実上無料で閲覧できるネットニュース記事。一方、朝日などは広告だらけでウンザリ、その上、多くの記事は有料で読まない記事ばかり。

>NHKはBSチャンネルの削減を予定しており、空く帯域の利用方法は衛星放送事業者の関心事の一つだ。
 やはり、接待があっても無意味にする為に、電波オークション以外はあり得ない。

>各方面に大きな影響が及ぶ政策を違法な接待に応じた官僚に担わせる。
 昨年は接待賭け麻雀があった。捜査情報のメディアへの漏洩は、守秘義務違反のような気がするが気にならないヒトタチ。
 夜回りと言う怪しい取材もあるらしい。アゴラ『「夜回り」を全面禁止せよ』https://agora-web.jp/archives/2032265.html
 よくよく考えるべき特定メディア。

●注
 妄想癖のある個人の感想であり、断定的に取れる表現含め、誤読、誤解、誤認、その他も含まれる可能性もある上での感想。これも芸術だ。

| | コメント (0)

« 2021年3月 1日 (月) | トップページ | 2021年3月 3日 (水) »