« 2021年3月 4日 (木) | トップページ | 2021年3月 6日 (土) »

2021年3月 5日 (金)の2件の投稿

2021年3月 5日 (金)

2021年3月5日(金)付け小説朝日新聞社説『総務官僚接待 徹底した調査が必要だ』を読んでの感想

 2021年3月5日(金)付け小説朝日新聞社説『総務官僚接待 徹底した調査が必要だ』を読んでの感想。

 

以下感想。
>放送関連会社からの接待で減給処分を受けた総務省幹部が、NTTとも会食を繰り返していた。
 電波モノは、旧郵政省の管轄。地上波の話が出てこない不思議。新聞社やネット専業メディアは、「文春待ち」ではない報道が求められる。

 

>利害関係者との過度に密接な関係は、行政の公平性に強い疑念を招く。
 強い疑念を招いている接待賭け麻雀は、どうなのだろうか?

 

>週刊文春が、
 またも、『週刊文春が』。完全に開き直っている。

 

>東北新社の接待をきっかけとした総務省の調査が徹底したものであったのかにも、疑義が生じる。
 『総務省』だけでよいのか?接待賭け麻雀発覚時に全ての省庁を調査する必要があったかも知れない。

 

>~ひとごとではすまないと、自覚すべきだ。
 接待賭け麻雀はどうなのか?今日はその点の記載がない。

 

 誰が録音し文春へ提供したのか?録音可能な立場は、基本参加者のみ。まさか盗聴器?。保存されていた録音データが、何故、今、流出したのか?法的に有効な録音なのか?。
 法的に有効ではない録音で、ご都合で犯罪者のような扱いをしてよいのか?

 

※午後追記 

 文春紹介社説に陥るのは、転職先の選択肢確保を狙っているのか?

 朝日社説ではNTTを『総務相が監督・命令権限を持つ。』と記載しているが、取締役の選任などで総務相の認可が必要とされるらしい(今日付けの日経記事)。人事権ありだ。

●注
 妄想癖のある個人の感想であり、断定的に取れる表現含め、誤読、誤解、誤認、その他も含まれる可能性もある上での感想。これも芸術だ。

 

| | コメント (0)

2021年3月5日(金)付け小説朝日新聞社説『ミャンマー 蛮行止める国際圧力を』を読んでの感想。

 2021年3月5日(金)付け小説朝日新聞社説『ミャンマー 蛮行止める国際圧力を』を読んでの感想。

 

以下感想。
>市民の命を奪う蛮行をただちに停止せよ。
 ウイグル問題はダンマリが続く朝日社説。最後に登場したのは1年以上前、ロヒンギャ問題を取り上げた2020年1月25日付け『ミャンマー 直ちに迫害の停止を』で『ウイグル問題などを抱える中国は、内政不干渉の主張を共有し、影響力を強めたい狙いのようだ。』と記しただけ。
 このときの社説では、冒頭に『どの国であれ、少数派の命と安全を守るのは政府の義務である。国際社会の一員として、人権を守る施策をアウンサンスーチー氏に求める。』と記載。
 多数派の命と安全を奪う状態になったミャンマー。

 

>街頭に繰り出した無抵抗の市民に、治安当局が実弾射撃したという。国連の担当特使は「政変後で最も血塗られた日になった」と憤った。
 中国の影響力大な相変わらずの国連。
 2021年3⽉4⽇付けNHK『ミャンマー 国連 1⽇で38⼈死亡と発表 安保理 5⽇に対応協議へ』より、『安保理がこの問題で会合を開くのはクーデターの直後に続いて2度⽬ですが、前回は、ミャンマー軍と関係が深い中国の反対で、声明ではクーデターそのものを⾮難する表現は盛り込まれませんでした。』

 

>政変直後の安保理は、中国とロシアの抵抗で非難決議に至らなかった。クーデターとも認定せず、報道声明で「深い懸念」を表明するにとどまった。
 この記載は「忖度」の指摘回避の為のアリバイ工作か。

 

>市民がこれだけ殺されてもなお安保理の姿勢が変わらないなら、国軍に誤ったメッセージを与えることになる。
 既に1度目に誤ったメッセージを与えてしまっている。

 

>とりわけ責任が重いのは中国だ。
 この記載は「忖度」の指摘回避の為のアリバイ工作か。
 
>米国で自国第一主義のトランプ政権が去り、バイデン政権に代わったいま、国際協調を主導すべき安保理の重責を再生できるか。ミャンマー問題は、その試金石となろう。
 残念な安保理は、トランプ政権とは関係ない。オバマ政権末期の2016年12月で朝日社説に登場した安保理の例、
 2016年12月03日付け朝日新聞社説『北朝鮮制裁 日米韓の結束再確認を』より、『中国にかぎらず、国際的にも包囲網は徹底していない。アフリカの多くの国は、制裁の履行状況を知らせる報告書を、今も安保理に提出していない。』
 2016年12月18日付け朝日新聞社説『国連加盟60年 初心に戻り積極関与を』より、『紛争解決に責任を果たすべき国連安全保障理事会も、目を覆う停滞ぶりだ。シリア内戦ではロシアが拒否権行使を繰り返した。ウクライナ、南シナ海、北朝鮮など、大国がかかわる地域で問題解決の道筋が示せない。』
 2016年12月27日付け朝日新聞社説『南スーダン 流血回避の努力こそ』より、『南スーダンに武器禁輸などの制裁を科す、国連安全保障理事会の決議案が廃案になった。』
 
>鍵を握るのはミャンマーも加盟する東南アジア諸国連合(ASEAN
)である。先ごろ開いた外相会議では、暴力の停止や、拘束されたアウンサンスーチー氏らの解放を求めた。
 誤解を与えかねない。
 2021年3⽉3⽇付けNHK『ASEAN外相会議 スー・チー⽒解放求める声も具体策盛り込まれず』より、『⾮公式の外相会議が開かれ、アウン・サンスー・チー⽒らの解放を求める声が相次ぎました。⼀⽅で、会議後に出された議⻑声明に事態の打開に向けた具体策は盛り込まれませんでした。』、『ASEANの中には関与に消極的な国もあるため⼀致した提案を出せなかったとみられ、引き続き模索が続く⾒通しです。』

 

>東南アジアでは近年、タイでも民主化の後退に抗議する市民の動きが続いている。
 こちらは、長年愛された王室に対してまで過度な批判が出るなど、裏で煽っている輩がいるような気がしてならない。

 

>欧米はミャンマーへの制裁を強める構えだ。日本は新規の途上国援助(ODA)を止める方向だが、いかにも手ぬるい。
 その具体的なレベルの記載はない。欧米の具体的な内容の記載もない。故にご都合で「過剰」批判が可能なポジションを確保したと言えよう。

 

>民主主義や基本的人権といった普遍的な価値を掲げ、欧米やASEANとも連携して国軍への圧力を高める必要がある。
 ASEANは内政不干渉なので、『民主主義や基本的人権といった普遍的な価値を掲げ』では無理を押す方向になりかねない。結果、分断だけが残る。

 

※2021年3月31日追記

 2021年3⽉31⽇付けNHK『ミャンマーへの制裁は実施せずも新規ODAを⾒送る⽅針 ⽇本政府』より、『ミャンマーに対する新規ODAは、無償と有償資⾦協⼒などをあわせると昨年度=2019年度で2000億円近くに上っていることから、政府は欧⽶各国が⾏っている制裁よりも影響は⼤きいとみていて、』。欧米は主に個人向け制裁。日本の方が実は大きい。朝日社説は調べずに『日本は新規の途上国援助(ODA)を止める方向だが、いかにも手ぬるい。』と主張していた疑いが濃い。

●注
 妄想癖のある個人の感想であり、断定的に取れる表現含め、誤読、誤解、誤認、その他も含まれる可能性もある上での感想。これも芸術だ。

 

| | コメント (0)

« 2021年3月 4日 (木) | トップページ | 2021年3月 6日 (土) »