« 2021年5月10日(月)付け小説朝日新聞社説『半導体不足 自動車会社は自省を』を読んでの感想。 | トップページ | 2021年5月11日(火)付け小説朝日新聞社説『中国と宇宙 国際協調に責務果たせ』を読んでの感想/一見批判しかし忖度が見える »

2021年5月10日 (月)

2021年5月10日(月)付け小説朝日新聞社説『女性研究者 その力 引き出す社会に』を読んでの感想

 2021年5月10日(月)付け小説朝日新聞社説『女性研究者 その力 引き出す社会に』を読んでの感想。

 

以下感想
・朝日新聞社HP、取締役7人(社長含め8人)、2021年4⽉1⽇現在女性ゼロ(https://www.asahi.com/corporate/guide/outline/11049737)、排除のような偏り。
・2021年の会社案内、社員数4345人、男3479人、女866人の偏り。
・2020年4月1日付け朝日新聞『朝日新聞社がジェンダー平等宣言 報道や事業で発信』より、『女性管理職比率は12・0%で、現在の女性社員の数からかけ離れた数字にはできないため、2030年までに少なくとも倍増をめざす』ー>日頃の叫びの割に何故か低い目標の現実。
 それでも、女性が―と主張する朝日新聞社説傀儡一味。未だに取締役の心に響かないようだ。社内が恥ずかしくないレベルになるのはいつの日か。

 

>連載企画「『リケジョ』がなくなる日」が紹介した女性研究者の厳しい現実だ。
 と主張に沿うヒトを探して掲載する手口と思える昨今。
 社説冒頭で『太陽の研究で将来を嘱望されたー』と掲載するも、何故か掲載の写真がウェルプレートにピペット(スポイト)を使っての実験作業(培養か?)。方向が明らかに異なる。

 

>人文・社会科学系を含む女性研究者は約15万9千人で、全体に占める割合は17%。
 『リケジョ』の矢先に『リケジョ』とは遠い印象の『人文・社会科学系』を含めた統計を出す朝日社説。都合が悪いのだろう。

 

>育児や家事、介護は女性の役目だとする旧態依然の考えが、全ての女性に重くのしかかる。
 『全ての女性』、特定の業種に限らないならば、朝日新聞社もその状態ってことか。先ずは自社で解決する手法を編み出し、社説に掲載すると説得力が増すことは自明である。

 

>~それに携わるポストの多くが任期付きとなった。
 それは男女平等。何処かの研究所で、女性を理由にリストラされた事例があるのか?

 

>どの仕事もそうだが、とりわけ研究や開発の現場では、多様な視点とそこから生まれる新しい発想が、発見やイノベーションの創出につながる。
 『研究や開発の現場』での経験がないヒトタチの主張。私的経験からは、本物の専門バカは賢いので、多様な視点側が1割もいれば十分。特に管理者側で一定以上増えるとあれもこれもで発散して現場が疲弊する。
 極力外乱与えず放置が望ましい人も存在する。

 

>近年、世界で注目される論文のうち「日本発」の割合が落ち込むなど、自然科学を中心に研究力の低下が深刻な状況になっている。
 ならば、日本学術会議で任命されなかった6人はどうなのか?日本学術会議で推薦されるくらいだから、さぞ世界で注目される論文が多いのだろう。この点をアピールすれば、この問題における朝日社説も説得力が出るであろう。

※午後追記

 東京五輪応援https://bit.ly/2RHQ0jj

 

●注
 現実と妄想の区別がつかない妄想癖のある個人の感想であり、断定的に取れる表現含め、誤読、誤解、誤認、その他も含まれる可能性もある上での感想。これも芸術だ。

 

|

« 2021年5月10日(月)付け小説朝日新聞社説『半導体不足 自動車会社は自省を』を読んでの感想。 | トップページ | 2021年5月11日(火)付け小説朝日新聞社説『中国と宇宙 国際協調に責務果たせ』を読んでの感想/一見批判しかし忖度が見える »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2021年5月10日(月)付け小説朝日新聞社説『半導体不足 自動車会社は自省を』を読んでの感想。 | トップページ | 2021年5月11日(火)付け小説朝日新聞社説『中国と宇宙 国際協調に責務果たせ』を読んでの感想/一見批判しかし忖度が見える »