旅、お出かけ

2013年9月 3日 (火)

今日食べた大豆のスープ、醤油豆は、北海道名寄産の大豆

今日食べた大豆のスープ、醤油豆は、北海道名寄産の大豆
今日食べた大豆のスープ、醤油豆は、北海道名寄産の大豆
 今日食べた大豆のスープ、醤油豆は、北海道名寄産の大豆。
 一晩水に付けると見た目3倍くらい?に膨らむ。
 風連の道の駅で買った確かな北海道産。

 袋の中には、大豆の天ぷらのレシピ。
 生産者の配慮だろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月27日 (土)

神奈川の長井にある長井水産へ行く

神奈川の長井にある長井水産へ行く
 今日は、神奈川の長井にある長井水産へ買い出しに行った。

 天気がよく富士山が見えた。

 詰め放題300円のイワシがあってゲット。
 一般的なお店にあるものと違って、真イワシ、ウルメイワシ、シコイワシが混じって売られているのが楽しい。

 このイワシは、一部をお昼ご飯に食べる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月23日 (金)

東京スカイツリーをキャノンのフルサイズデジタル5DMk2とシグマ超広角レンズ12-24mmで撮る

 先日、東京スカイツリーへ行った。

 キャノンのフルサイズデジタル5DMk2とシグマ超広角レンズ12-24mmで撮影した。
 このレンズについては、過去カメラ・レンズ・用品関連/シグマ 広角ズーム EOS用 12ー24mmに記した。
 現在、シグマのこのレンズがⅡになっているが、使用したのはⅠである。
 私は広角が好きで、キャノンの16-35mm f2.8は利用頻度の高いレンズであるが、このシグマのレンズは流石に12mmの超広角なので出番が少ない。
 以下、記載がない限り12mm側で撮影している。
 また、記載している方向はコンパスやGPSによるものではなく、概ねその付近から撮影した参考レベル。

【1.駅の北側より】(ツリーのほぼ西側)
01_img_4479

【2.ツリーの北西側から】
02_img_4482

【3.ツリーの北北西側から】
03_img_4485

【4.ツリーのほぼ北側から】
04_img_4494

【5.ツリーの北側の東武管理の公園から】
05_img_4497

【6.西側の踏み切りから】
06_img_4506

【7.位置は6、24mmで撮影すると】
07_24mmimg_4503

【8.東側の展望台より】
08_img_4509

【9.位置は8、24mmで撮影すると】
09_24mmimg_4512

【10.東側の展望台の下から】
10_img_4515

【11.東側のソラマチ入口から】
11_img_4520

【12.南東側から】
12_img_4521

【13.更に南より】
13_img_4524

【14.南側の入口付近から】
14_img_4530

【15.北側の線路とツリーの間から】
15_img_4536

【16.おまけ 北側にある籐を扱うお店】
 これは24mmで撮影。
 籐で作ったツリーがある。
 16_img_4500

【17.雑感】
 流石は12mm。
 地面からツリーの先まで余裕で撮影出来る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 9日 (金)

おやつ 土井製菓さんの栗饅頭 栗満月

おやつ 土井製菓さんの栗饅頭 栗満月
おやつ 土井製菓さんの栗饅頭 栗満月
おやつ 土井製菓さんの栗饅頭 栗満月
 おやつ。

 土井製菓さんの栗饅頭 栗満月。
 静岡や箱根で、菓子類で適当なお土産が見あたらないときは、お手軽価格で美味しい土井製菓さんから選ぶ。

 この栗饅頭も、十分美味しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 5日 (月)

三浦半島徒歩縦断、東の海を触って西の海を触る

 2012年10月中旬。
 三浦半島の縦断を徒歩で縦断した。
 東の海を触って、西の海を触るのだ。

【1.何処の海を触るか?】
 先ず、東側(東京湾)はよく分からない。
 米軍基地や港。馬堀海岸付近は、過去国道16号線を車で走ったときの感じでは、防波堤が続いていたような。
 公園を探すと海に面した公園がある。しかし、公園だからと言って、海が触れるとは限らない。
 あれこれ調べると、「うみかぜ公園」が海を触れることが分かった。
 「うみかぜ公園」より南となると走水の伊勢町付近。北は、JR横須賀駅近くのヴェルニー公園があるがここは無理そう。その先は、基地に港によ~分からん。
 そこで、東側(始点)を「うみかぜ公園」とする。
 西側(終点)は、記憶では「立石公園」付近から海を触れたので、こことする。

【2.歩く】
 細かなルートは書かない。
 実際は、県道とか交通量が多いので裏道を適当に歩いた。

① うみかぜ公園
 ここは、京急県立大学駅か横須賀中央駅からの移動になる。徒歩ならば前者が近い。10分程度か。

・東京湾の猿島
01_s1380147

・公園内
 03_s1380151
 トイレは2箇所あり。
 水も汲めるが、低レベル飼い主の犬が、蛇口を直接舐めていたので要注意。

・公園の裏には24時間営業のスーパー
02_s1380149
 食料は、ここで調達可能だ。

・海に触る。
 04_s1380156

② 国道を越える
・国道16号線の歩道橋より
04_s1380167

③ 県道26号線を歩く
・不入斗公園(いりやまず公園と読む)
05_s1380181

06_s1380182
 ここにもトイレあり。

④ 坂本交差点付近
07_s1380190

08_s1380189
 ここを横浜横須賀道路方向へ歩く。

⑤ 県道27号線の南側にある裏道
・御国幼稚園だったかな?
09_s1380192

・お地蔵さん
10_s1380194

・畑
11_s1380195

⑥ 一度県道27号線へ戻って、滝へ向かう
・不動滝のある方向は左
12_s1380197

・この道
13_s1380198

・芸術
14_s1380200

・ねずみさん
15_s1380202

・熟れすぎたトマト
16_s1380203

・広場ではなく空き地
17_s1380205

・猫さん
18_s1380207

・不動滝
19_s1380211

20_s1380217

21_s1380220

22_s1380221
 この隣接の不動堂には、トイレもある。但し、非水洗。

⑦ 県道27号線の南側にある裏道をひたすら歩き棚田へ(境橋付近から入る)
・真っ黒なクマのプーさん
23_s1380227

・広い農道
 と言っても田舎の農道ほど広くはない。歩道もないし。
24_s1380230

・柿
25_s1380231
26_s1380233

・棚田付近
 お米が干してあった
27_s1380234
 28_s1380237

・棚田
 手前の丸太は、お米を干している櫓の柱
29_s1380249
 有名地の棚田と違って、広大なものではない。しかし、神奈川県内にあるのでポイントが高い。

⑧ 湘南国際村付近
・県道217号線の坂道、トンネル手前にお馬さん
30_s1380255

・トンネル右にある細い道
 行き止まり?途中まで行ってあきらめる
 31_s1380259
 トンネルを出て暫く歩くと左手にファミマ(だと思った)がある。ここを過ぎると立石までトイレなし。

・ひたすら歩く
 32_s1380262

・レストラン
 気になる。
33_s1380264

・湘南国際村の住宅
 海からの湿気があるって話もあり??
34_s1380265

⑨ 子安の里の湧き水
・御滝不動(湧き水の場所)への分岐、ここを左
35_s1380268

・この道
36_s1380269

・御滝不動尊
37_s1380279

・正しくは関根御滝不動尊
371_s1380281

・湧き水
38_s1380273

・ここの水は要煮沸
39_s1380275

・この付近の標高は23m
 3.11の震災の教訓から、津波対策で設置の標識らしい。
40_s1380277

⑩ 西の海
・海が見えた
 正面に海へ降りる道がある。
41_s1380284

・西の海
42_s1380286

・海を触る
43_s1380287

・遠方に江ノ島が見える
 ビデオカメラのズームが本領発揮。
44_s1380293

・My展望台?
45_mys1380299

⑪ 立石付近
46_s1380300
47_s1380305
 立石には、水洗トイレあり。
 レストランや海の家風の売店などもあり。

【3.帰り道について】
 立石からは、バスでJR逗子駅ないし京急新逗子へ行ける。時間にして25分程度。

 私は、立石から更に歩いてJR衣笠駅へ向かった。
 国道134号線を南下し、大楠芦名口から大楠山の下を通るトンネルを歩けば往路を戻るより早く「駅」に到着できる。大楠芦名口には、京急のスーパー、トンネル方向に300m?くらい行ったところにセブンイレブンがある。
 但し、この道、ゴミの最終処分場?があって毒物が出ていないだろうが、精神的には余り気持ちがよくない。
 
【4.所感】
 東の海を触って、西を海を触るまで3時間ちょっと(多少の休憩とビデオ撮影を含めた時間)。
 半島縦断と言っても距離的には大したことはないので、この程度の時間で歩行できたのである。
 平地歩きも面白い。


 


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 1日 (木)

2012年10月末 西沢渓谷の紅葉(トイレ、水、食含む)

 2012年10月末(平日)に西沢渓谷へ紅葉を見に行った。
 西沢渓谷は、今回始めて。

【1.道について】
 休業中の西沢山荘の北側から、渓谷沿いを歩き、不動滝からは旧森林軌道跡を歩くコース。市の観光情報等では概ね4時間程度(休憩なし)と記載されている。
 渓谷沿いの道は、高低差はそこそこある。山歩き経験があればたいしたことはないが、未経験者だと途中で引き返すかも。更に、岩清水が滴り落ちてビショビショした箇所も多い。
 平日であったが、かなりの人ごみ。休日ならそれなりの覚悟は必要であろう。

【2.トイレ、水、食】
 トイレは、バス停から1km程度行ったところ(ここは水洗)、西沢山荘前、不動滝(ここは汲み取り)。
 飲料水を汲める場所はない。バス停から1km程度行ったところあるトイレの水は、非飲用となっている。バス停以後は、自動販売機、売店もない。当然、食料も調達可能な店はない。
 バス停から歩いて10分弱のところに道の駅がある。ここのレストラン2箇所?は、平日だと軽食系?のみでしかも午後3時過ぎには閉店。メニューはラーメンなど(ほうとうはなかったような)。
 他に平日に開いている飲食可能な店はバス停隣と巨大こんにゃく屋さん。曜日によるかも知れないが、食べ物を持参しない場合は、それなりに注意が必要である。
 ただ、食べ物持参でも、飲食可能な場所は限られるので休日だと大変かも。

【3.バス】
 行きは、塩山駅から西沢渓谷、山梨貸切自動車。1000円。新宿7:30のあずさ3号に乗ると9時5分発を利用出来る。
 帰りは、西沢渓谷から山梨市駅へ。山梨市市営バス。900円。
 どちらも約1時間。
 山梨市市営は、時間、曜日、季節にもよるかも知れないが、マイクロバスであった。

 行きに、山梨市駅から西沢渓谷、山梨市市営バスを利用しても時刻表上は5分差で、こちらが遅く到着になっいるが、私が利用したときは、ほぼ同着であった。

 双方、幹線道路以外に、地域の集落を迂回する路線で、車窓からの眺めが楽しい。

 尚、時刻表の写真は、【4.写真】に掲載。

【4.写真】
① 塩山駅バス停
01s1420021

02s1420020

② 西沢渓谷バス停近く
03s1420034

04s1420033

③ 西沢山荘手前
10_img_1895

11_img_1918

④ 二俣吊り橋以降
12_img_1952

13_img_1970

14_s1420095

15_s1420102

16_s1420117

17_s1420119

18_s1420122

19_s1420134

20_s1420135

21_img_2015

22_s1420153

23_s1420156

24_img_2024

⑤ 不動滝のトイレの裏側
25_s1420160

⑥ 旧森林軌道の道沿い
77_img_2048

78s1420179

⑦ 西沢渓谷バス停、山梨市駅行き時刻表
79s1420189

⑧ 月
80s1420202

【5.所感】
 紅葉については、渓谷沿いは見ごろの箇所もある。一方、旧森林軌道沿いは、まだ早いかも。しかし、霜が降れば駄目になってしまうので、そろそろ潮時かも。

 西沢渓谷の近くには、日帰り可能な乾徳山(けんとくさん)、山中1泊の甲武信岳(こぶしだけ)などもある。
 近隣と温泉に一泊して、こららの山とセットで西沢渓谷へ行くのもいいかも。


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月23日 (木)

北海道旅行のお土産 2012年8月 その12 お菓子編(稚内かしわぎ、小鹿、帯広六花亭など)

 北海道旅行のお土産 2012年8月 その12 お菓子編。

 順不同に列記。

【1.稚内 かしわぎ カボチャケーキ】
 Img_7394
Img_7396
 これは、稚内駅前のスーパーで購入。
 価格は、105円。
 
 食べたときの感想は、中身の写真を含め、北海道稚内 かしわぎさんのかぼちゃケーキを食べるに記している。

【2.稚内 かしわぎ マドレーヌ】
 Img_7399
Img_7400

 間違ったのか、マドレーヌなのにカボチャケーキのラベルが貼ってある。
120821_2

 上面
120821_3
 中身
120821_4

 これも稚内駅前のスーパーで購入。
 価格は、105円。
 素朴な味わい。上手く作っていると思う。

【3.稚内 かしわぎ どらやき】
Img_7403
Img_7404
120820
120820_2

 これも稚内駅前のスーパーで購入。
 価格は、105円。
 あんこたっぷり。

 かしわぎさん、3種の中でどれが一番か?
 3種同時に食べていないので難しいところであるが、自然なカボチャの味わいのカボチャケーキかな。
 一般受けは、多分どらやきかな。

【4.札幌、坂 栄養食品のラインサンド】
Img_7407
Img_7408

 これは、まだ食べていない。
 苫小牧の生協で購入。1袋200円もしなかったと思う。
 ※2012年8月28日追記
  実際に食べた。これを次のリンクに記した。北海道札幌 坂 栄養食品さんのラインサンド(ビスケット)を食べる


【5.稚内 小鹿 流氷まんじゅう】

Img_7415

箱のラベル
Img_7416

小分けされている
120814

袋の裏書き
120814_2

表面
120814_3

中身
120820_3

 稚内の道の駅で購入。5個600円程度だったと思う。
 ここは、JRの駅、道の駅、映画館が連結している。最北端映画館、JR駅、道の駅、連結駅etc。
 しかし、いわゆるキオスクが見当たらない。見落としかも。キオスクでは宝くじが売られていて、最北端宝くじ売り場でもあった。更に、立ち食いの駅そばもない。何れも最北端は南下したことになる。

 さて、この流氷まんじゅう。
 中のカステラは美味しい。
 しかし、まわりのホワイトチョコレートを、あと一息頑張って欲しいと感じた。物足りなさを感じてしまう。
 スーパーで売られているものは地元民向け、しかし、お土産コーナーで売られているものは外向けであろう。敢えて厳しい評価をした。

【6.三星食品 よいとまけ】
Img_7411
Img_7412

 これについては、過去何度も書いている。
 今年も買った。
 そして、既に食べた。
 これについては、北海道苫小牧三星食品 よいとまけ 2012年8月版を食べるに記している。
  
【7.六花亭 マル成バターサンド】
Img_7419
Img_7420

 よいとまけ同様、これについても過去何度も書いている。
 今年も買った。
 そして、既に食べた。
 これについては、北海道帯広 六花亭 マルセイバター 2012年版を食べるに記している。

 物産展では5個入り1箱単位であるが、苫小牧のフェリーターミナルでは10個入り1箱1200円弱。
 1個120円以下である。
 マル成バターの素晴らしい点は、味と個性をこの価格で実現しているところであろう。

 ビスケット、カステラ、まんじゅうなど似たようなお菓子が多い中、独自の個性が感じられる。
 そして、味の質の高さ。植物性油脂で誤魔化さず、しっかりバターを使っているからこそ出来る味であろう。
 今後もこの路線を継続して欲しいものである。

 尚、マル成バターは苫小牧から関東へ持ち込む際は、しっかり保冷して持ち帰りたい。
 中身が溶け出しビスケットに染み出し、妙な味わいになってしまう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月20日 (月)

北海道旅行のお土産 2012年8月 その11 ラーメン編(菊水、藤原、日の出)

 北海道旅行のお土産 2012年8月 その11 ラーメン。

 前回は8月15日に豆編を記した。
 北海道旅行のお土産 2012年8月 その10 豆類(とら豆、大豆ゆきほまれなど)

 今回は、ラーメン編。北海道から関東へ運ぶので、何れも日持ちのする乾麺。
 日の出食品さん以外は、道内のスーパーで購入。

【1.塩味】
① 菊水 札幌ラーメン寒干し 塩
Img_7280
Img_7282
 多分、過去、購入実績のない銘柄。楽しみ。

② マルちゃんの塩ラーメン(幌馬車)
 Img_7285
Img_7286
 これは、現在北海道限定販売。
 故に立派なお土産となる。
 毎年購入。

③ 藤原製麺 北海道 塩
Img_7288
Img_7290
 多分、過去、購入実績のない銘柄。楽しみ。
 ちなみに藤原製麺さん、旭川動物園内や土産店で売られている白熊ラーメン、熊出没注意ラーメンを製造している。これらは美味しいけどお土産価格で高い。ならば、スーパーで売られている銘柄を物色すべしが私の考え。

④ 藤原製麺 ズワイ風味塩味
Img_7301
Img_7302
 毎年購入の品。
 他にタラバ、ケガニもあるが今年はズワイのみ。
 ラーメンのお土産が大量になりそうなのと、カニシリーズはちょっと高いので。

⑤ 藤原製麺 函館塩
Img_7305
Img_7306
 これも毎年購入の品。

⑥ 士別市 日の出食品 サフォークラーメン塩
Img_7321
Img_7322
 これも毎年購入の品。
 1袋で2食入り。
 よく縮れたゴツイ麺が特徴。

【2.醤油】
① 菊水 札幌ラーメン寒干し 醤油
Img_7277
Img_7278

 塩味同様、多分、過去、購入実績のない銘柄。楽しみ。

② 藤原製麺 旭川醤油
Img_7297
Img_7298
 これも毎年購入の銘柄。

③ 士別市 日の出食品 サフォークラーメン醤油
Img_7317
Img_7318
 これも毎年購入の品。

【3.味噌】
① 藤原製麺 札幌味噌
Img_7292
Img_7294
 これも毎年購入の品。

②士別市 日の出食品 サフォークラーメン味噌
Img_7313
Img_7314
 これも毎年購入の品。

【4.スープなし麺のみ】
士別市 日の出食品 鍋DE冷やしDE
Img_7309
 これも毎年購入の品。
 自宅に帰って、食べて、「もっとたくさん買えばよかった~」と思う銘柄。
 うちでは、主に冷やし中華にして食べる。スープは当然自家製。
2012年8月12日のブログ 本日のお昼ご飯の写真 北海道士別市日の出食品の鍋DE冷やしDE麺で、冷やし中華

【5.総評】
 あちこちのスーパーで、少しづつ購入している。
 基本的に、同じ銘柄をたくさん購入の発想はない。出来るだけ、多くの銘柄を買いたいと考えている。家族が同時に同じ銘柄を食べより、分け合って食べる方がいいとが私の考え。
 塩、醤油、味噌、なるべく均等に買おうとか思っているが、今年はかなり偏ってしまった。まぁ、いい。それも旅の記録・記憶。


2010年記載のブログへのリンク
北海道のお土産 その12 ラーメン(士別市の日の出食品、旭川市の藤原製麺)
2011年記載のブログへのリンク
北海道旅行のお土産2011年8月/ラーメン編(士別市日の出食品のサフォーク、風連米沢製麺の乾燥ふうれん、旭川藤原製麺のカニラーメン、マルちゃんの幌馬車塩ラーメンなど)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月15日 (水)

北海道旅行のお土産 2012年8月 その10 豆類(とら豆、大豆ゆきほまれなど)

 北海道旅行のお土産 2012年8月 その10 豆類。

 豆もお土産によい。
 夏の車内でも腐る可能性が低いからだ。

1.黒大豆(旭川産)
 Img_7255
 これは、道の駅、滝上で購入。

2.金時豆(名寄産)
Img_7256
 これは、道の駅、名寄(風連)で購入。
 以下の豆も道の駅、名寄(風連)で購入している。

3.大豆ユキホマレ(名寄産)
Img_7258

4.紅しぼり金時(名寄産)
Img_7260

5.大福豆(名寄産)
Img_7262

6.とら豆(名寄産)
Img_7264

 2011年8月のお土産は、海道旅行のお土産2011年8月/豆類(大豆、貝豆、ふくら金時豆、小豆)、キビ編 名寄産、剣淵産、壮瞥町産、滝上産などにまとめている。
 キビを買うの忘れていた。

 2010年7月のお土産は、北海道旅行のお土産 その7 豆類(小豆、とら豆、パンダ豆、ふくら金時、黒大豆、大豆ユキホマレ、黒大豆)にまとめている。
 
 ほぼ同時期に同じ場所で買うので、似たような豆ばかりになってしまう。
 来年は、もっと開拓しないと。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北海道旅行のお土産 2012年8月 その9 乾物類(昆布、貝柱など) 

 北海道旅行のお土産 2012年8月 その9 乾物類(昆布、貝柱など)。

1.利尻昆布
 今年は不作らしくいつも購入している銘柄が、1.5倍くらいの価格になっていた。
 大量に買い込み出来ず。
 Img_7268
Img_7270

2.白老産の昆布
 昨年購入したところで、聞いたら、作っている人がやめちゃったって。
 入手出来たのは1袋。残念。
Img_7267

3.とろろ昆布
Img_7246
Img_7248
 とろろ昆布は、1年おきくらいに購入している。
 アタリ、ハズレが大きいこともある。
 ハズレとは、甘いものだ。自然な甘さではなく、甘味料が入った甘さ。実に迷惑。
 今回選んだ、厚岸の近海食品さんのものは、原材料が昆布と醸造酢だけである。
 まだ、食べていないが甘くないことを願う。
 ちなみに、別メーカのとろろ昆布で、原材料が昆布と醸造酢にも関わらず、甘味料の甘さを感じたものもある。
 甘い=美味しい?ってお馬鹿方程式は、止めて欲しい。

 コープで購入。1袋248円。


4.ホタテ貝柱
Img_7273
Img_7275

 枝幸にある道の駅、マリーンアイランド岡島で購入。100gで900円。
 漁協管理のホタテ貝柱。
 これは、毎年購入。
 質も高いし、他に比べ安い。
 昨年は、北海道旅行のお土産2011年8月/海産物編(ほくみん・ニシン甘露煮、興部・岬商会サケときざみ昆布の缶詰、枝幸漁業協同組合・ホタテの貝柱、斜里・ニハチ食品さけのとば、小樽・堀内水産ニシン昆布巻き(甘露煮)、利尻島・木下水産食品昆布とワカメ、白老虎杖浜の昆布)に記載。
 私のブログの中での料理としての利用例は、ホタテ貝入り炊き込みご飯ホタテ貝の鍋に記載。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧