パソコン・インターネット

2014年1月21日 (火)

ココログとFC2ブログへのPCメールによる写真投稿について~1通のメールに複数枚の写真を添付しての投稿は可能か?

 1月13日のブログに記した通り、次期ブログサービスの検討を進めている。
 この件は、次期ブログサービスの検討~ココログの容量上限2Gに接近したので考えるに記載。 

 次期ブログサービスへの条件は、①ディスク容量が大きい、②メール投稿が可能、③無料含め低料金であることの3つである。
 調べる過程の中で特に「②メール投稿が可能」が出来ない、あるいは説明が不足のブログサービスが多いと感じた。

 今回は、FC2を取りあげる。他も検討するかは未定。
 FC2は、PCメールによる写真投稿が可能なブログサービスである。
 但し、私の求めるPCメールによる写真投稿とは、「1通のメールに複数枚の写真を添付しての投稿」と言うものだ。1枚だけではダメなのだ。

 ココログでは、「1通のメールに複数枚の写真を添付しての投稿」が出来る。特に日々食べたご飯のおかずの写真を投稿する際に助かる。小型の端末で撮影して、写真をメールに添付、何か?を書いて終わり。メール投稿は、カテゴリ指定が出来ないので後日メンテは必要であるがお手軽である。旅先、散歩の途中からも楽々だし。

 例えば、1月18日の例を上げる。
・朝ご飯
本日の朝ご飯のおかずの写真 宮城産真イワシの塩焼き、煮干し出汁の味噌汁など
・お昼ご飯
本日のお昼ご飯のおかずの写真 豚ロース肉と伊予柑のソテー、ジャガイモと紫芋のスープ
・晩ご飯
本日の晩ご飯のおかずの写真 黒毛和牛もも肉のすき焼き、香の物(白菜、なす、人参、三浦大根、キュウリ)

 何れもPCメール1通で複数枚の写真を添付して書いたものだ(文書+写真のメール)。

 FC2のマニュアルを見ても、このことが可能であるか?明確に記されていないと言うか、記された場所を特定出来なかった。
 そこで試してみることにした。登録はFC2の無料版。 

 条件は、ココログに日々投稿しているご飯のおかずを、全く同じ手法でFC2へ投稿する。
 1枚の写真は、最大でも70kB程度(320×200のサイズの写真)。
 但し、ココログの上限容量に接近しているので、同時投稿は行わない。


【1.結果】
 可能である。


【2.ココログとFC2の違い】
 以下、記載内容について。
 ココログは、過去のかなりの投稿回数から(数百回レベル)。
 FC2は、1月19日、20日、21日の朝までである。サンプル数は少ない。
 反映時間は、メールの送信時間とブログサービスから更新完了のメールが届いた時間差。

① 1メールを送って反映されるまでの時間。
 ココログ 2~3分、時に5分~10分程度。
 FC2 2分~5分程度。
 ほぼ同等か?。

② 反映される前にメールを送った場合。
 1分もあれば次のメールは送れる。そんな場合連打したくなる。 
 ココログは、基本、順に反映されていく。希に順番が狂う、一部が非公開になる場合がある。更に稀に行方不明で忘れたころに公開。
 FC2は、反映されない場合がある。抜けてしまうのだ。抜けるとは、添付ファイルのみFC2に記録され、文と写真が掲載されない。何故か文だけ消えるのだ。

③ 反映されてからメールを送ると
 ココログは、2~3分。
 FC2は、2通目から反映時間が遅くなる。理由は未調査。仕様かも知れない。
 例えば、1月20日を例に上げれば、1通目の朝ご飯2分、2通目のお昼ご飯8分、3通目の晩ご飯15分


※ココログもシステムのメンテが入ると反映が遅くなる場合がある。
 この件で、過去に書いた記事
 ココログ(モブログ)のメール投稿による記事反映の遅延 その2
 今回、FC2ではシステムのメンテはなかったもの(=お知らせにない)と思っている。

 
【3.対応策】
 FC2は、まだ利用回数が少ない。
 今後、ココログと同じような症状が出る可能性も否定できない。

 FC2で、確実に「1通のメールに複数枚の写真を添付しての投稿」を反映させるには、ブログを見るか、返信メールを受信して反映を確認してから、メールを送信すればよい。
 当たり前と言えば当たり前であるが、送信から反映までの時間がココログより遅いので、1、2分で書ける記事も実質それ以上の時間がかかってしまうことになり、これはブログ執筆に割く時間が増える場合もありにつながる。
 尚、ココログでは、反映前に投稿すると自動公開されず非公開=下書きになる例が経験上発生頻度が高いような気がするので、連続投稿は2~3分間隔におさえていた。

 FC2は、ココログよりも連続投稿を避けて、分散投稿を心掛けた方がよいだろう。


【4.写真を意図した順番にブログを掲載させる方法】
 「1通のメールに複数枚の写真を添付しての投稿」した場合の写真を意図した順番にブログを掲載させる方法を記す。
 どちらもファイルネームで対応する。
 但し、ココログとFC2では、反映の仕方が異なる。
 メーラーによって違う可能性もあるが、以下は同じ端末から同じメーラーで送信した場合である。
 また、メーラーに写真を添付する順番の影響もあるかも知れないが a1.jpg、 a2.jpg、 a3.jpgの名前順に添付している。

① ココログ
 a1.jpg
a2.jpg
a3.jpg
のファイルネームで投稿するとブログ上では、
a3.jpg
 a2.jpg
 a1.jpg
で掲載される。
 名前のソートとは逆になる。

② FC2
 b1.jpg
b2.jpg
b3.jpg
のファイルネームで投稿するとブログ上では、
 b1.jpg
b2.jpg
b3.jpg
で掲載される。
 名前のソート通りになる。
 ココログと逆だ。

 
 ココログに投稿したお昼ご飯を例にあげると、
本日のお昼ご飯のおかずの写真 豚ロース肉と伊予柑のソテー、ジャガイモと紫芋のスープ
 掲載写真は上から豚ロース肉と伊予柑のソテー、ジャガイモと紫芋のスープ、キャベツの千切りになっているが、ファイルネームとしては、豚ロース肉と伊予柑のソテーはa3、スープはa2、キャベツはa1に相当する。

 FC2では、ココログと同じファイルネームの感覚で投稿すると逆になってしまう。
本日のお昼ご飯のおかずの写真 ハンバーグ、ホタテと卵のスープなど
 このFC2のブログでは、私の意図は、文の順番のハンバーグ、ホタテと卵のスープ、香の物である。
 しかし、写真は、この逆で上から香の物(b1)、ホタテと卵のスープ(b2)、ハンバーグ(b3)になってしまっている。ハンバーグをb1相当にしないといけないのだ。


 今朝1月21日の朝ご飯の記事では、上方に掲載したい写真をソート時に先頭にくるようにファイルネームを付けることで意図した順番に掲載することが出来た。
本日の朝ご飯のおかずの写真 三浦産かた口イワシの塩焼き、煮干し出汁の味噌汁など
 生卵、神奈川の三浦産かた口イワシの塩焼き、味噌汁の出汁は煮干し、具は豆腐と小松菜、花豆の煮豆。豆は北海道産、昆布の佃煮。昆布は羅臼昆布、豆、昆布は道内の道の駅で購入の確かな品、きんぴらごぼう、茹でたほうれん草、写真と文が一致。
 もちろん、このFC2の朝ご飯の記事は、「1通のメールに複数枚の写真を添付しての投稿」である。


【4.所感】
 ココログの不満は容量(費用含む)だけ。
 サポートの対応もいいし。
 う~ん、悩むところであるが、FC2で求めることが確認出来たのでFC2も悪くない。


※公開日の午後4時追記
●ココログとFC2ブログの違い
① セキュリティ
 メールで投稿する場合、どちらも秘密のアドレス宛に送る。
 ココログは、最大5件まで投稿する側のアドレスを指定できる。
 FC2は、これがない。セキュリティ的にはココログがよいと思う。
 但し、FC2初心者なので何処かに設定が隠れているかも知れない。

② 反映を案内するメールの違い
 メールで投稿するとどちらも、設定を有効にしておけば、反映しましたメールを送り主宛に送ってくる。
 その際、
 ココログは、投稿時の題名で返信を返す。
 FC2は、『モブログの更新が完了しました』だけである。だけと言ってもリンク先も記されてはいるが、何が更新されたか分らない。特にメール投稿連打のときは意味不明になる。
 この点もFC2初心者なので何処かに設定が隠れているかも知れない。

※2013年1月31日追記
 FC2でメール投稿を繰り返している。
 反映後送信、具体的には返信メール到着を次の記事を送信のパターン。
 トラブルはない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月18日 (土)

Windows8.1で秋月のAKI-PICプログラマー Ver.4を動かしてみる

 Windows8.1でAKI-PICプログラマー Ver.4を動かしてみる。

 元々XPで動かしていたが、サポート問題もあり8.1へ移行。
 
 これまで、eclipse、MPLABなどの動作を確認したが何れも問題なく”私の環境では”動作している。
 eclipseのブログは、eclipse(Juno)のソースコード記述欄の日本語の文字化けの対応~設定をUTF-8に変えてもダメな頑固な文字化け
 MPLABのブログは、Windows8.1にMPLABの8系最終バージョンのv8.92がダメなのでv8.84をインストールしてPICKIT3の動作確認を行う


【1.条件】
① Windowsについて
 8.1の通常版、32ビット版。
 アップデートは実施済。
 Windowsからアップデート出来ないチップセット関連もあり、これはインテルのHPでチェックを入れ更新可能なものは更新している。

② AKI-PICプログラマー Ver.4(ハード)
  ファームのバージョンは、AE-PGM877A V6.72。
  device6.iniは、ver6.50。

③ インストールしたプログラマーのバージョン(ソフト)
 購入時付属のCD-Rに入っていたもの。
 PICプログラマV4 V6.5.56。
 最新は、6.76なので古い。
 XP時代は、6.72を使用。

④ 動作確認方法
 新居浜高専PICマイコンキット用(PIC16F84A)に作った適当なHEXファイルをAKI-PICプログラマーで焼いて、手動で念の為(自動でベリファイされるが)ベリファイを行い、その上で新居浜高専PICマイコンキットで動かす。

 AKI-PICプログラマーとパソコン間は、USB-シリアルケーブルではなくRS-232Cで行う。
 その理由は、XP環境下でUSB-シリアルケーブル利用した際、数回書くと通信出来なくなり、パソコンの再起動を余儀なくされた。RS-232Cにしてから、このトラブルはない。


【2.動作確認結果】
 結論、問題なし。

 新居浜高専PICマイコンキットは、ソケットがゼロプレッシャーではないため、このボード上では1度だけの動作確認。
 AKI-PICプログラマー上では、PIC16F84に対して様々なHEXファイルを延べ10回ほど焼き、かつ手動でベリファイ、リードを繰り返したが、通信不良など、エラーは全くなかった。
 但し、大規模なHEXファイルは試してない。容量上限のような大規模な自作ファイルがないから。


【3.所感】
 めでたしめでたし。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月14日 (火)

Windows8.1にDino-Lite(マイクロスコープ)を再インストールし動作確認を行う

 サンコーレアものショップなどで売られているパソコンに接続して使う顕微鏡Dino-Lite。
 OSをXPからWindows8.1にしたことで、ドライバ、キャプチャーアプリの再インストールが必要になった。

 これも1つ前のブログMPLAB(PICKIT3)同様、8.1での使用に不安があった。
 不安な理由は、マイクロソフト純正の互換確認アプリで何も表示されなかったからだ。

 本体に付属されていたCD-ROMからインストールしようとすると、読み込めない。
 破損?。

 仕方ないのでネットで探す。
 http://dinolite.seesaa.net/article/216262819.html
のHPにダウンロード先が掲載されていた。
 ダウンロード先は、
http://www.dino-lite.com/support.php

 キャプチャーのDinoCapture 2.0 Version 1.4.9
 ドライバのDino-Lite AM211 /AM310 /AM311 Series 用をダウンロード。
 ドライバからインストール。
 意味不明表示もなく双方無事にインストールは終了。

 設定から言語を選び、日本語へ。
 動画は未確認。静止画は特に問題なくキャプチャーが出来た。
 
 OS入れ替えに伴うハードの動作への不安が一つ減った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Windows8.1にMPLABの8系最終バージョンのv8.92がダメなのでv8.84をインストールしてPICKIT3の動作確認を行う

 Windows8.1にMPLAB v8.84をインストールした。
 その上でPICKIT3の動作確認を行う。ターゲットは秋月のリモコン(PIC16F886)。
 このブログは、その備忘録でもある。


【1.背景】
 Windows XPから8.1へのOS変更に伴い全てのアプリを再インストールすることになった。
 これまでMPLABは、v8.64を使用していた。

 2014年1月14日現在、MPLABには8系とX系がある。
 MPLABの8系は、開発終了がアナウンスされている。更新があるのはX系だけだ。

 再インストールなので、手間的にはどちらでも構わないが、8系で作ったプロジェクトはX系ではインポート作業が必要らしい。
 パソコン上で作業が成立するならX系でも問題ないが、PICKIT3をつないでPICマイコンの動作を確認するので、変数になるような作業は減らしたい。インポート作業は変数と考える。
 よって、8系をインストールすることにした。


【2.何故v8.84か?】
 事前にXP上でマイクロソフト純正のアプリの動作確認アプリで、どのアプリがWindows8で動かないのか確認している。
 その際、v8.64はバージョンアップを求められた1本である。

 先ず、最終版のv8.92をインストールしてみた。
 このバージョンは、Hitech PICCが同梱されていないので、別途Cコンパイラを用意してインストールする必要がある。
 v8.92は、インストールが出来たが、コンパイラXC8、XC16のインストールが何故か止まってしまう。特にXC16は、ダウンロード数が少ないので危険とか表示されて全くインストールが進まない。

 そこで、Hitech PICC同梱の最終バージョンとされるv8.84をインストールした。
 特に問題なくMPLAB、Hitech PICCのインストールは終了。

 旧バージョンについては、
http://www.microchip.com/stellent/idcplg?IdcService=SS_GET_PAGE&nodeId=1406&dDocName=en023073&redirects=archived
に掲載されている。
 v8.84に限らずお好みでダウンロードが出来る。但し、OSとの関係が全く見えないHPになっている。


【3.動作】
 PICKIT3、秋月のリモコン(PIC16F886)をパソコンに接続。
 実は、久々である。コンパイル、ビルド、書き込みってどうやったけ??からスタートした。
 幸い、以前書いた4つLEDの両端ピカのCコードをコンパイル、ビルド、書き込み、実行確認が問題なくできた。
 念の為、中2LEDピカに書き換えて、コンパイル、ビルド、書き込み、実行確認が問題なくできた。

 シミュレータの動作は確認していない。

 
【4.所感】
 先日、eclipseのインストールを行っている。
 この作業については、
eclipse(Juno)のソースコード記述欄の日本語の文字化けの対応~設定をUTF-8に変えてもダメな頑固な文字化け
に記している。

 XPからだと7でも8でも全てを再インストール。
 OS入れ替えで、ハードが絡むものは心配であったがこれで一つ減った。


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年1月13日 (月)

次期ブログサービスの検討~ココログの容量上限2Gに接近したので考える

 2009年12月8日、私のブログは、
登山用品で最初に1つ買うべきモノは?登山用品で最初に1つ買うべきモノは?
でスタートした。

 開設そのものは、2007年11月。
 2年ほど放置していたのだ。
 それからほぼ毎日書くようになって現在に至る。
 2014年1月13日午前10時現在、管理画面上で記事数9622件(一部非公開あり)、写真枚数26406枚(一部、図、表も含む、非公開も多分一部にあり)。


 さて、現在、問題を抱えている。
 ココログの契約は、ベーシック、容量は2GB。約4年書いてまもなく、この容量の上限に達しようとしている。
 
 契約をベーシックから一つ上のプラスに買えれば5GB、2つ上のプロなら10Gだ。
http://www.cocolog-nifty.com/about/bpp.htm
 しかし、上記の通り、それぞれ500円、1000円程度月額料金が増える。

 ココログは、2005年11月にディスク容量アップしてから変わっていないようだ。
http://info.cocolog-nifty.com/info/2005/11/post_7f6f.html
 10周年記念で容量の拡大をして欲しかったが、現時点でその動きはないようだ。

 そこで、今後、ブログをどうするか?考える。


【1.ブログを止める選択】
 備忘録的意味合いもあり、止める選択は考えない。

 
【2.ココログで継続するか?】
 上記の通り、出費が増える。
 しかし、他へ移れば継続性が失われる。
 悩ましい。
 引っ越しは、膨大な手間だし。


【3.他社のブログサービスの状況は?】
 現在の状況は、現実余り把握していない。
 一度、見直すべきかも。


【4.他社のブログサービスについて】
 アフィリエイトなどの通販は、行うつもりがないので条件に入れない。
① 条件
・その1 ディスク容量が大きいこと
 4年で2Gを使用した。
 また、4年後に同じ問題を考えるのも面倒だ。容量の大きさに上限がないのが理想であろう。

・その2 メール投稿が可能
 ココログでは何の問題もなく出来るが、JUGEMの無料版などでは出来ない?gooでは携帯メールはOKでもPCメールはダメ?
 更にPC、携帯どちらからでも1メールで写真複数枚の投稿が出来ること。

・その3 無料含め低料金であること。
 ココログは、プラス500円で5Gだ(現実は既に300円弱払っているので800円近い金額になる)。
 500円出すなら別の選択もありの発想になってしまう。

 取りあえず、この3点を条件とする。

② 調査結果
・条件その1 ディスク容量が大きい
 無料の場合、ライブドア10G、FC2 10G、goo 3G。
 
・条件その2 メール投稿が可能
 gooはPCメール経由の投稿が出来ない(昔は出来たらしいけど)。これは、http://blog.goo.ne.jp/info/function_list/ に記載。
 するとライブドアかFC2の選択になる。

・条件その3 無料含め低料金であること
 ライブドアかFC2どちらも無料からスタート出来る。
 ライブドアは、無料の一つ上の有料版が315円。容量が10Gから無制限。
 FC2は、無料の一つ上の有料版が300円。容量が10Gから無制限。
 結果的には、無料から有料へ移行した場合似たようなもの。無料時のサービスの差が重要になる。

 また、双方のHPのヘルプを読むと分るが、FC2の方が詳しい。
 利用後、想定外を避けるには事前調査が重要でるが開示情報の多いFC2の方が安心とも言える。
 但し、サポート。ライブドアもFC2もこの点は、実際に利用しないとよく分らない。


【5.所感】
 現在のココログは、サポートがよいと感じている。
 レスポンスは決して速いとは言えないが、回答の内容の満足度は高い。アクセス解析もたまに眺めると面白い。
 問題は、ココログは、実質容量vs費用だけだ。何とも悩ましい。

 SO-NETは294円で10Gってのもある。エキサイトは無制限250円(但しアクセス解析なし)。両社メール投稿については未調査。

 スタートは、無料と考えると無料時のサービスの差は重要である。ライブドア、FC2、SO-NETなどこの点は未調査。エキサイトは、http://www.exblog.jp/top/advance/を見る限り、無料と有料の差が大きいように見えてしまうが、広告の表示を除けば基本機能にはあまり差がないのかも知れない。
 あまり時間がないので、こられを含め改めて検討したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月12日 (日)

トラックボール(ロジテック)のボタンが壊れたのでDIYで修理(マウスに応用可)

 トラックボールのボタンが壊れたのでDIYで修理した。メーカーはロジテック。
 ボール付近ではなくボタン部分なので、マウスに応用可と思う。

 症状としては、ボタンを押したときの反応が鈍い。反応したりしなかったり。
 2つのうち右側は正常。
 
 1枚目の写真は、トラックボールの中身。カバーの部分を外したところだ。
トラックボールのボタンが壊れたのでDIYで修理(マウスに応用可)
 長期使用でホコリが溜まっているので、先ずはピンセットで取り去る。
 基板に取り付けられているボタンを指で押すと、その反応は、2つともよい。
 故にボタンそのものが、壊れている訳ではないと考えられる。ちなみに基板上のボタンは、オムロン製であった。

 2枚目の写真。
トラックボールのボタンが壊れたのでDIYで修理(マウスに応用可)
 ピンセットの先のH型状の部分は、カバー側のボタンの裏面で、ここで基板上にあるオムロン製のボタンを押している。
 写真では分かりにくいが、このH型状の一部が、使用によって摩耗している。摩耗と言っても1mm単位ではない。せいぜい0.5mm程度の摩耗に見える。僅かな凹み。

 3枚目の写真。
トラックボールのボタンが壊れたのでDIYで修理(マウスに応用可)
 対策だ。
 薄いバネ性のあるプラスチック製の板を入れる。カバー側のボタンを押すとプラスチップの板を介して基板上のオムロン製のボタンを押す構造になる。
 プラスチックの板をボタンに張り付ける手もあるが、今回は様子見も兼ねて、差し込んだだけである。
 薄いバネ性のあるプラスチック製の板を入れることで、カバー側のボタンを押し上げる効果もある。

 この修理で、ほぼ元通りの操作性になった。

 当然ながら、分解時点でメーカー保証無し。
 このブログを見て作業を行う場合は、作業者自身の自己責任で行うこと。
 代わりに修理して欲しいなんて、コメントを受けても対応する気はありません。

 トラックボールはユーザーが少ないためかマウスより、選択肢が少なくしかも高い。
 暫くは、騙し騙し使う予定。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 8日 (水)

eclipse(Juno)のソースコード記述欄の日本語の文字化けの対応~設定をUTF-8に変えてもダメな頑固な文字化け

 eclipse(Juno)のソースコード記述欄の文字化け対応について記す。
 備忘録でもある。

【1.背景】
 Windows XPから8.1へのOS変更に伴い全てのアプリを再インストールすることになった。
 これまでeclipseは、Indigoを使用していたがこの機会にJunoへバージョンアップをすることにした。
 合わせて開発用Javaもjdk-6u24から最新(2014年1月7日時点)のjdk-7u45-nb-7_4にする。 


【2.eclipseについて】
 「わかりやすいJava」の著者、川場隆氏のHPに、eclipse(Juno)と開発用Javaが同梱されたファイルが登録されている。
 このHPはhttp://www.k-webs.jp/index.html、ファイルの保存先はhttp://www.k-webs.jp/tools.htmlである。 
 但し、同梱されている開発用Javaは、最新ではないので個別にJavaのHPからダウンロードを行う。


【3.症状~設定を変えても文字化けする】
 インストール後、ソースを読み込むと日本語の文字化けに見舞われた。
 漢字、ひらがななどすべてが、♦に似た記号に置き換わっている。

 文字化けの対策をググると次のようなものがあった。
① eclipse.iniの最終行にDfile.encoding=utf-8を入れろ
② eclipseの設定ー一般ーワークスペースのテキストファイルエンコードをUTF-8にしろ
③ Javadocを生成して~
などがあった。②の設定に関しては、他の箇所も弄ったような....

 まぁ、いずれもeclipse側を弄るのはダメであった。
 インストールに問題か?と思い適当なコードを入れて、日本語を入力しても文字化けはしない。
 旧版のIndigoをインストールしても、何故か症状は変わらない。


【4.何故文字化けするのか?】
 eclipseではなく、テキストエディタで見ると文字化けは全くない。
 故に、ファイルが壊れている訳ではない。

 私が使用しているエディタは、TeraPad(ver1.08)。
 このエディタのメニューに「文字コード指定再読み込み」がある。
 サブメニューで色が薄くなっているところが、現在で読み込んでいる文字コードの状態である。
 過去に書いたJavaソースファイルは、何れもSHIFT-JISで読めばエディタ上では正しく表示される。
 しかし、UTF-8など他の文字コードで読み込めば、文字化けする。

 Indigo、Juno側で、SHIFT-JISで読み込めれば問題ないと考えられる。
 しかし、eclipseの設定をSHIFT-JIS相当のMS932にしても文字化けする(と言うかデフォルトがMS932で、MS932でソースを読み込んで文字化けするのだ)。設定変更してeclipse再起動でもダメ。

 ウィキペディアによれば、SHIFT-JISの拡張版が文字コードMS932であるのだが.....少なくとも両eclipse上では互換が十分にあるとは言えない(私の環境では)。


【5.対応策】
 ソースファイルの文字コードをUTF-8にすればよいと考えられる。
 試しに1ファイルだけ、書き換えてeclipse(Juno)で再度読み込むと文字化けなし。

 手動での書き換えも可能であるが、よいフリーウエアがある。
 文字コード判定&変換ツール.NET
 http://www.vector.co.jp/soft/winnt/util/se476748.html

 これを使った。
 これを使えば、フォルダ(サブフォルダ含め)ごと一括で、SHIFT-JISからUTF-8へ書き換え可能である。
 但し、eclipseで文字化け状態で読み込んで、eclipse上でソースを改変し保存してしまったファイルは、そのときの保存コードに左右されるので上手く変換しない(当然であるが)。
 このフリーウエアの使い方は、
 http://d.hatena.ne.jp/Zellij/20130920/p1
が分りやすい。

 結果的には、このフリーウエアで一括変換し、日本語の文字化け問題は解決できた。

 尚、改めて川場隆氏のHPを見ると
 http://www.k-webs.jp/OOP_Intro.html
に「文字化け」とは書いていないが、左下に対策のヒントが記載されていた(Macユーザー向け)。


 それにしてもこれまで使用していた旧バージョンのIndigoで何故文字化けとなったのか?
 XP上では、一度も文字化けの経験はないにも関わらずだ。
 XPから8.1にしたことで何かが変わったのか?この点については調べていないので分らない。


【6.おまけ】
 以下、私的には未確認の話。
 Windowsの改行コードは CR+LF 、しかし、eclipse.iniの改行コード(デフォルト)は、LFとされる。
 LFは、UNIX系OSやLinuxで標準的に使われているらしい。
 改行コードの変更方法は、DOS窓から、
 more eclipse.ini > eclipse.tmp
 move eclipse.tmp eclipse.ini 
でOKらしい。
 この改行コードの件は、文字化けの件でググっているときに発見した。
 出展は、日立のHPで、http://www.hitachi.co.jp/Prod/comp/soft1/cosminexus/useful/tips/090703_eclipseini-lineseparator.htmlである。ここは、日立が作成したJava開発者向けのTips集のページの1つ。信頼性は高いと考えられるので参考にしたい。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月25日 (水)

ココログ(モブログ)のメール投稿による記事反映の遅延 その2

 ココログ(モブログ)のメール投稿による記事反映の遅延に記したけど、昨日も遅延(約2時間)かつ順番入れ替わり事件が発生。
 面倒なので取り合えず、そのままにしておく。
 ココログさん、早く修正してね~。

 ちなみに2013年12月25日の午前中も遅延が発生している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月20日 (金)

ココログ(モブログ)のメール投稿による記事反映の遅延

 最近、ココログ(モブログ)のメール投稿による記事反映の遅延が発生している。

 具体的には、メールで書いて送信、正常時はブログ上で遅くとも5分程度で反映される。
 最近、それが1時間、あるときは6時間後に反映される。
 更に、問題がある。1件送って、2分程度後に次の1件、更に2分程度後に次の1件.....のような投稿を行うと順序が滅茶苦茶になるときがある。
 昨日の12月19日がこの両者が重なった。
 本日のお昼ご飯~本日の晩ご飯までの6件は、2分程度の間隔をあけて連続投稿。
 投稿した順番は、朝ご飯、お昼ご飯、バナナ、おやつ、晩ご飯、パイナップルだ。
 しかし、結果は、お昼ご飯、パイナップル、バナナ、おやつ、朝ご飯、晩ご飯。
 滅茶苦茶だ。
 時間の方は、21時15分から30分にかけて投稿。お昼ご飯、パイナップル、バナナは22時35分ころ反映、おやつ、朝ご飯、晩ご飯は23時18分ころ反映。遅延時間も区々だ。

 ココログ側の説明では、新アクセス解析の切り替え作業の影響で年内はこのような状態がアリらしい。
 通常、遅延しても別に影響はない。しかし、訂正がある場合など、いつ反映されるか分からないので極めて厄介。
 早急な対策をして欲しいと思う。

 ちなみにこの記事は、直書き。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月29日 (金)

eclipse Androidの開発ツールなどのADTバージョンアップで新規プロジェクトの作成が出来ない 『com.android.ide. eclipse.adt.internal.wizards.templates.ActivityPage.setLauncherActivitiesOnly(Z) V.』

 ADT更新後、突然、Androidの新規プロジェクトの作成が出来なくなった。
 これについて、再インストール以外の対処法をまとめる。


【1.ADTプラグインの更新したバージョン】
 Android DDMS、開発ツール、Hierarchy Viewer、Traceview、Tracer OpenGL ES、Native Development Toolsのバージョンは、21.1.0.v201302060044。
 更新方法は、eclipseのヘルプー新規ソフトウエアのインストールから行った。


【2.症状】
 Androidの新規プロジェクト(Android Application Project)だけ作成が出来ない。
 作成できないとは、「Android Application Project」を選択して「次へ」を押してもその先に進まないのだ。
 「Android Project from Existing Code」とかJavaのプロジェクトは、一応「次へ」を押せば先へ進む。


【3.エラー表示】
 新規プロジェクトからAndroid Application Projectを選択、Android Application Projectをダブルクックすると、エラーとして『com.android.ide. eclipse.adt.internal.wizards.templates.ActivityPage.setLauncherActivitiesOnly(Z) V.』が記されている。


【4.対処法の調査】
 3のエラーをそのままググると、ズバリはツイッターのみ、2件だけヒット。解決したのかは不明。
次に「com.android.ide. eclipse.adt.internal.wizards.templates」でググる。
 今度は、類似も表示される。
 類似のトップのhttp://www.hlplus.jp/php/blog/index.php?UID=1296543897が参考になった。ありがとうございます。


【5.対処法の実施】
 日本語環境の場合は、『eclipse.exe -clean.cmd』らしいが、何故か動作が変?なのでDOS窓からcdでeclipseのあるフォルダへ移動して、eclipse.exe -cleanを実行。
 英語モードで起動と思ったら、メニューは日本語になっている。
 まぁ、気持ちが悪いので、そのまま使うのを止めて一旦終了する。

 次にいつも通り、日本語eclipseのアイコンから起動を行う(元々プロパティ上に起動オプションを設定しているのでアイコン起動にしている)。
 見事、 Android Application Projectから新規プロジェクトの作成が出来た。

 
【6.他に行ったこと】
 5に記した対処法を行う前に実施したこと。
① 起動可能なアンドロイドアプリを動かして一旦終了して~
 当然のようにダメ。

② eclipseのメニューの「プロジェクト」ー「クリーン」 
 意味不明エラーの定番の対処法。これもダメ。

③ eclipseの再起動
 ダメ。

④ ②と③をセットで繰り返す。
 ダメ。

⑤ SDKロケーションが飛んでいないとか....諸々。
 最初にこの設定関係を疑ったけど、実際は関係なかった。

 最初は、「新規プロジェクトが作成できない」とかで検索した。
 \android-sdk\extras\android\supportの最後のフォルダ名がsupportになっていないのが原因ってのあった。でもこれは関係なし。
 他にADTを削除して、再インストールってのもあった。有効かも知れないけど再インストールは、かなり時間がかかるので極力避けたい。
 そんな中、Android Application Projectをダブルクックすると、エラー表示が出ることに気づき5の対処方法の発見につながった。


 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧